バルスボルディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バルスボルディア
生息年代: 70 Ma
Barsboldia.jpg
ホロタイプの仙骨
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
: ハドロサウルス科
Hadrosauridae
亜科 : サウロロフス亜科
Saurolophinae
: バルスボルディア属
Barsboldia
学名
Barsboldia
Maryańska & Osmólska1981

バルスボルディアBarsboldia "バルスボルド(著名なモンゴルの古生物学者)のもの"の意味)はモンゴルウムヌゴビ県ネメグト累層en)のマーストリヒト期前期の地層から発見されたハドロサウルス類恐竜の属である。

記載[編集]

復元図

テレサ・マリヤンスカen)とハルツカ・オスモルスカen)は部分骨格であるZPAL MgD-1/110に基づきバルスボルディアを記載した。この標本には9個の胴椎、9個の仙椎、15個の尾椎、左側の腸骨及び左右の恥骨の1部分、7個の肋骨、後肢の断片が大まかに脊椎に関節した状態で含まれている。この骨格の最も顕著な特徴は神経棘に見られる。神経棘は特に仙椎で高く、ヒパクロサウルス・アルティスピヌスに次ぐ高さであり、最初の数個の尾椎では神経棘の先端が棍棒形である[1](おそらくこれは加齢を示す兆候である)[2]

分類[編集]

マリヤンスカ及びオスモルスカは頭部が発見されていないものの、この新属をネメグト累層で発見された最初のランベオサウルス亜科Lambeosaurine)(中空のとさかをもつカモノハシ恐竜)として記載した。仙骨の底部に沿って存在するキールはランベオサウルス亜科の特徴の可能性があり[3]、骨格はヒパクロサウルスのものに良く似ている [2][4]。部分的な骨格しか知られておらず、頭骨も未発見のためこの属は疑問名(nomen dubium[3]もしくはランベオサウルス亜科のIncertae sedis と見なされていた[5]。2011年の新たな研究により実はサウロロフス亜科Saurolophine)であることが示されている[6]

以下のクラドグラムはPrieto-Márquezによる2011年に行われたハドロサウルス科の系統解析の結果によるものである(ランベオサウルス亜科、基盤的なハドロサウルス上科は示されていない)[6]

尾椎
椎骨

テルマトサウルスTelmatosaurus

ロフォロトンLophorhothon

 Hadrosauridae 

ハドロサウルスHadrosaurus

 Saurolophidae 

ランベオサウルス亜科Lambeosaurinae

 Saurolophinae 

マイアサウラMaiasaura

ブラキロフォサウルスBrachylophosaurus

バルスボルディア

シャントンゴサウルスShantungosaurus

エドモントサウルスEdmontosaurus annectens

Edmontosaurus regalis

サビナス(en)の未命名種

ケルベロサウルスKerberosaurus

プロサウロロフスProsaurolophus

サウロロフスSaurolophus osborni

Saurolophus angustirostris

ウラガサウルスWulagasaurus

クリトサウルスKritosaurus

Gryposaurus latidens

グリポサウルスGryposaurus notabilis

Gryposaurus monumentensis

ビッグ・ベンドの未命名種

セケルノサウルスSecernosaurus

ウィリナカケWillinakaqe (=Salitral Moreno species)

生態[編集]

バルスボルディアは他のハドロサウルス類と同じように二足歩行/四足歩行の草食動物であったようだ。何百もの歯が継続的に抜け替わり、咀嚼に類似の磨り潰し運動を可能にする洗練された頭骨を持ち、植物を食べたのであろう。もしランベオサウルス亜科であったなら、鼻骨の拡張した中空のとさかを持ち、視覚や聴覚で互いを識別するのに使った可能性がある[5]

参照[編集]

  1. ^ Maryańska, Teresa; and Osmólska, Halszka (1981). “First lambeosaurine dinosaur from the Nemegt Formation, Upper Cretaceous, Mongolia”. Acta Palaeontologica Polonica 26: 243–255. 
  2. ^ a b Brett-Surman, Michael K. (1989). A revision of the Hadrosauridae (Reptilia:Ornithischia) and their evolution during the Campanian and Maastrichtian. Ph.D. dissertation. Washington, D.C.: Graduate School of Arts and Sciences of The George Washington University. pp. 1–272 
  3. ^ a b Norman, David B.; and Sues, Hans-Dieter (2000). “Ornithopods from Kazakhstan, Mongolia and Siberia”. In Benton, Michael J.; Shishkin, Mikhail A.; Unwin, David M.; and Kurochkin, Evgenii N.. The Age of Dinosaurs in Russia and Mongolia. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 462–479. ISBN 0-521-55476-4 
  4. ^ Glut, Donald F. (1997). “Barsboldia”. Dinosaurs: The Encyclopedia. Jefferson, North Carolina: McFarland & Co. p. 202. ISBN 0-89950-917-7 
  5. ^ a b Horner, John R.; Weishampel, David B.; and Forster, Catherine A (2004). “Hadrosauridae”. In Weishampel, David B.; Dodson, Peter; and Osmólska, Halszka (eds.). The Dinosauria (2nd ed.). Berkeley: University of California Press. pp. 438–463. ISBN 0-520-24209-2 
  6. ^ a b Prieto-Márquez, Albert (2011). “A Reappraisal of Barsboldia sicinskii (Dinosauria: Hadrosauridae) from the Late Cretaceous of Mongolia”. Journal of Paleontology 83 (3): 468–477. doi:10.1666/10-106.1.