バルサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バルサム (英語: balsam [ˈbɔːlsəm] ボールサム) は、樹木が分泌する、樹脂が揮発性油脂に溶解した、粘度の高い液体。強い香りがある。

バルム (balm [bɔːm, bɔːlm])、オレオレジン (oleoresin)、含油樹脂

バルサムを分泌する樹木をバルサム樹と呼ぶ。バルサム樹は特定の種や分類群ではない。松脂もバルサムの一種である[1]

エンバーミングにも用いられる。


主な種類[編集]

それぞれの種類は、産地や樹の名をつけて区別される。

バルサム 英語 バルサム樹 学名 主な用途
カナダバルサム Canada balsam バルサムモミ Abies balsamea 接着剤
カナダツガ Tsuga canadensis
ギレアドバルサム balm of Gilead バルサムポプラ Populus balsamifera
Populus × jackii
メッカバルサム balsam of Mecca ギリアデモツヤク Commiphora gileadensis
ペルーバルサム Peru balsam Myroxylon pereirae 傷の治療(Balsam oil
トルーバルサム Tolu balsam Myroxylon toluiferum 去痰剤
コパイーババルサム copaiba balsam コパイーバ Copaifera langsdorffii

出典[編集]

  1. ^ 広辞苑』「バルサム」