バリー・フラナガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バリー・フラナガン(Barry Flanagan、1941年1月11日 - 2009年8月31日)は、イギリス彫刻家ウェールズプレスタティン出身。

イギリスのヨークシャー、彫刻公園にあるもの
アイルランドのダブリン
オランダ、ユトレヒトにあるもの

来歴[編集]

1957年から1958年、バーミンガム美術工芸大学で学び、その後1964年から1966年にかけてセント・マーチンズ美術学校に通い、アンソニー・カロに師事した。

彫刻の素材自体のもつ表現力に強い関心を抱いており、60年代なかばには、砂、ヘシアン(粗麻布)、ロープなどによる作品を制作[1]

1967年から1071年には、セント・マーチンズ美術学校と中央美術学校で教鞭もとった。

1968年にはブロンズを用い始め、73年からは大理石による彫刻も制作する[2]

1972年には、ドイツのカッセルで開催されたドキュメンタ5に参加、彼は個々のさまざまな神話( Individuelle Mythologien)という部門でビデオ出演している。

1982年のドキュメンタ7では芸術家として参加した。

1982年には、ベネチア・ビエンナーレにイギリス代表として参加している。

代表作に《野うさぎ》シリーズがある。

晩年はイビサ島に移り住み、2009年筋萎縮性側索硬化症(ALS)が原因で没した。

脚注[編集]

  1. ^ 日本大百科全書. 小学館 
  2. ^ 日本大百科全書. 小学館 

外部リンク[編集]