バランスバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木製のバランスバイク

バランスバイクあるいはランニングバイクは、子供がバランスやステアリングを習うのを助けるトレーニング用二輪自転車である。ペダルや駆動系を有していない。

ただし、日本においては自転車ではなく乗用玩具とされ、また「バランスバイク」が特定企業の商標となっているため、「キックバイク」などと称される。

設計[編集]

金属製バランスバイク上の幼児

バランスバイクには金属製のものと木製のものがある。ペダルと関連部品が取り除かれた通常の自転車か、あるいは専用のもの(特に通常の自転車が一般的に入手できない非常に小さな子供のため)がある。ブレーキはないか、1つあるいは2つの手動リムブレーキがある。

適切に機能するために、バランスバイクは乗り手がサドルに楽に座り、両足裏が地面に着く体勢で歩くことができるように十分小さなくなければならない。乗り手は最初はサドルにまたがって歩き、次にサドルに座って歩く。最終的には、乗り手はバイクに乗っている間に走ったり突進したりするのに十分な程心地良く感じ、次に両足を地面から話して、2つの車輪でバランスを取りながらゆっくり進む。

学習法[編集]

バランスバイクの製造業者らは、バランスバイクによってまずバランスと逆操舵を学び、その後にペダル操作を学ぶことで子供が自転車の運転をより速く学ぶことができると述べている。また、補助輪を使うと子供がそれに依存し過ぎるようになり、悪い癖を身に付けてしまうため学習を遅らせると述べている[1][2]。小児科医らは、補助輪を使わないことで自転車により速く乗れるようになるという証拠は存在しないと述べている[1][3]。自転車が倒れるのを防ぐ補助輪は、同時に逆操舵をも妨げるため、三輪車と同様に、子供はハンドルバーを誤った方向に向けることを覚えてしまう[4]。Sheldon Brownは、補助輪の位置が低過ぎるとバイクが傾くのを妨げてしまい、また後輪に適切に体重がかからなければブレーキングを邪魔してしまうため、誤って調整した場合には学習の障害になり得ると記している[5]。補助輪を適切に調整し、子供の技術が上がれう程に補助輪の位置を挙げることでこれらの問題を避けられる[5]。ブレーキを全く持たないバランスバイクでは乗り手の足でうまく停止できないことが予想されるが、非常に小さな共はどちらにせよブレーキを効果的に使うことができないだろう[3]。Brownはバランスバイクを別に購入するのではなく、単に通常の子供用自転車のペダルを外すことを薦めている[5]

歴史[編集]

初のバランスバイクは、カール・ドライスによって発明されたドライジーネである。ドライジーネは二輪でペダルを持たず、今日の自転車の原型となった。

脚注[編集]