バッハ (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バッハ (Bach)

人物[編集]

ドイツ語。「小川」を意味する現代ドイツ語(新高地ドイツ語)の"Bach"と同じ綴りではあるが、語源は異なる。ゲルマン語より古いゴート語にもさかのぼることができる語の"pah"や"pacht"という綴りが語源で、流しの芸人に与える「おひねり」や「ギャラ」を意味する。英語の"pact"が同じ語源である。バッハの祖先が元々は流しの音楽家をしていたこととも符合する[1]

バッハ家[編集]

17世紀から18世紀にかけて多くの音楽家を輩出した一族。単にバッハと呼んだ時には“大バッハ”ヨハン・ゼバスティアン・バッハを指すのが普通である。彼をはじめとした一族が作曲した作品は現在でも広く演奏されている。詳細はバッハ家を参照のこと。

ヴィルヘルム・フリーデマン、カール・フィリップ・エマヌエル、ヨハン・クリストフ・フリードリヒ、ヨハン・クリスティアンの4人は父との対比で「小バッハ」とも呼ばれる。

  • また、架空のバッハ(P. D. Q.) が存在する。ヨハン・ゼバスティアン・バッハの21番目の息子として創作された冗談音楽のための偽名である。

その他の人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ バッハ―生涯と作品 (講談社学術文庫)