ハードロック工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハードロック工業株式会社
Hardlock Industry Co.,Ltd.
Hardlock Co. Headquater.jpg
ハードロック工業本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
577-0063 
大阪府東大阪市川俣1丁目6番24号
設立 1977年昭和52年)
事業内容 工業用ナットの製造販売
代表者 代表取締役社長 若林克彦
資本金 1,600万円
外部リンク http://www.hardlock.co.jp
特記事項:東京支店は東京都台東区東上野2丁目5番9号 東上野三和ビル3Fに所在する。
テンプレートを表示
ハードロックナット

ハードロック工業株式会社: Hardlock Industry Co.,Ltd.)は、大阪府東大阪市川俣に本社を置く工業用ナットの製造販売業である。1974年昭和49年)創業。

会社概要[編集]

創業者で現社長の若林克彦が、大阪工業大学卒業後に設計技師として企業に就職後、1961年(昭和36年)に、戻り止めナットをさらに改良した「Uナット」を開発し、それを元に独立、同社の創業となる1974年昭和49年)に、緩み留めナットの代表的製品として知られる「ハードロックナット」を開発。これが、阪神電鉄レール固定に採用されたのを切っ掛けに、多数の企業で採用されるようになり、シェアを上げる。

同社の「ハードロックナット」はクサビの原理を応用し、凹凸一対から成り立っており、滅多なことでは緩むことがないことから、その技術力を買われ、多数の企業に採用されている。また「ハードロックナット」は、同社の特許商品であると同時に商標登録もされており、現在では国内外の鉄鋼・建設・重工業・宇宙分野でシェアを有する企業の一つである。

工業が盛んで、町工場の多い東大阪市で生まれた企業として知られ、近年では「元気な中小企業」として、雑誌等で取材されることも多い。

2010年平成22年)のバンクーバー五輪ボブスレー日本代表チームが使用するそり[1]に、また2012年(平成24年)5月22日に開業した東京スカイツリーにも、同社のナットが採用されている[2]

CM・その他[編集]

同社が大阪府に本社を置く企業ということもあり、関西地方を地盤とした宣伝が多数を占める。中でも朝日放送との関係は非常に深く、同社の系列衛星放送チャンネルの「スカイ・A Sports+」では長年に渡って、CMが放送されている。この他サンテレビ朝日放送制作のプロ野球リレーナイターおよびリレー中継のスポンサーにもなっている。またMBSラジオABCラジオでCMを放送している他、大阪環状線のJR福島駅近郊には、ネオンサインが設置されてもいる。

この他関東地方では、TBSラジオでCMが放送されている。なお同社のテレビCMが全国で見られるのはスカイ・A Sports+のみである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]