ハートフォード侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハートフォード伯から転送)
Jump to navigation Jump to search
ハートフォード侯シーモア家の紋章

ハートフォード侯爵英語: Marquess of Hertford)は、イギリス侯爵位。

過去に二回創設されており、現存するハートフォード侯爵位はサマセット公爵シーモア家の分流である初代ハートフォード伯爵フランシス・シーモア=コンウェイ1793年グレートブリテン貴族爵位として叙されたのに始まる。本稿では前身のハートフォード伯爵位についても触れる。

歴史[編集]

第1期ハートフォード伯[編集]

ハートフォード伯爵位の最初の創設は、1138年頃にギルバート・ド・クレア英語版(-1153)イングランド貴族として叙されたものである。4代ハートフォード伯ギルバート・ド・クレア英語版(-1230)は、1217年に伯父から5代グロスター伯爵英語版を継承しており、以降ハートフォード伯爵位はグロスター伯爵位と一緒に継承されたが、7代ハートフォード伯・8代グロスター伯ギルバート・ド・クレア英語版1314年6月24日バノックバーンの戦いで戦死した際に後継者が絶えて廃絶した[1]

第2期ハートフォード伯と第4期サマセット公[編集]

ついでヘンリー8世の三番目の王妃ジェーン・シーモアの兄にあたるエドワード・シーモア (1506–1552)が、1537年10月18日に2期目のハートフォード伯爵位(イングランド貴族)に叙せられた。彼は1547年1月に即位した甥の幼王エドワード6世の摂政として権勢をふるい、1547年2月16日にはサマセット公爵に叙せられた。しかし政敵初代ノーサンバーランド公ジョン・ダドリーとの政争に敗れ、1552年1月22日大逆罪で処刑され、爵位は剥奪された[2][3]

第3期ハートフォード伯と第1期ハートフォード侯[編集]

初代サマセット公の息子であるエドワード・シーモア(1539–1621)1559年1月13日に新規にハートフォード伯に叙されたのが3期目の創設である[4]

その孫である2代ハートフォード伯ウィリアム・シーモア(1587–1660)は、1640年6月3日にハートフォード侯爵(イングランド貴族)に叙せられ、さらに1660年9月13日には曾祖父の爵位サマセット公爵位の復権を認められている[3]

しかしこの第1期のハートフォード侯爵位は4代サマセット公ジョン・シーモア英語版(1646以前-1675)(3代ハートフォード侯・4代ハートフォード伯)が死去した際に継承者が絶えて廃絶した。ハートフォード伯位の方も7代サマセット公・7代ハートフォード伯アルジャーノン・シーモア(1684–1750)が死去した際に継承者がなく廃絶している(サマセット公爵位は初代公爵に遡っての分流である第6代準男爵エドワード・シーモア英語版(8代サマセット公)に継承された)[3]

現存の第4期ハートフォード伯と第2期ハートフォード侯[編集]

4代準男爵エドワード・シーモア英語版(8代サマセット公を継承する6代準男爵の祖父)が後妻レティシア・ポパムとの間に儲けた次男フランシス・シーモア英語版(1679–1732)は、1699年に母の叔母の嫁ぎ先であるコンウェイ子爵(コンウェイ伯爵)コンウェイ家英語版の家名を加えて「シーモア=コンウェイ(Seymour-Conway)」と改名した。そして庶民院議員を務めた後の1703年3月17日にラグリーのコンウェイ男爵(イングランド貴族)、1712年10月16日にコンウェイ=キルルター男爵位(アイルランド貴族)に叙せられた[5][6]

その息子である第2代コンウェイ男爵フランシス・シーモア=コンウェイ(1718–1794)は、駐フランス大使アイルランド総督などを務め、1750年8月3日にハートフォード伯爵位とビーチャム子爵位、1793年7月5日にハートフォード侯爵位とヤーマス伯爵英語版位に叙せられた(すべてグレートブリテン貴族)[7][8]。これによりハートフォード侯爵家が生まれ、以降彼の男系男子によって継承されていく[7]

初代侯の息子である2代侯フランシス・シーモア=コンウェイ英語版(1743–1822)は、1807年に勅許を得て後妻の家名を加えて「イングラム=シーモア=コンウェイ(Ingram-Seymour-Conway)」に改姓している。しかしその息子である3代侯フランシス・シーモア=コンウェイ英語版(1777–1842)は改姓していない[7][9]

3代候の息子である4代侯リチャード・シーモア=コンウェイ英語版(1800–1870)には子供が非嫡出子リチャード・ウォレス英語版しかなく、爵位を継承させられなかった(リチャード・ウォレスは新規で準男爵に叙せられている)[7][10]。しかし4代侯は集めた美術品の多くをこの非嫡出子に遺しており、これらはウォレス・コレクションと呼ばれた[7]

一方ハートフォード侯爵の爵位は初代侯にさかのぼっての分流であり、コンウェイを家名にしていないフランシス・シーモア(5代侯)英語版(1812–1884)に継承された[7]

その孫である7代ハートフォード侯ジョージ・シーモア英語版(1871–1940)エドワード・シーモア英語版(1860-1931)1923年に第16代サマセット公爵位を継承した際に、エドワードの曽祖父とその妻は正規の結婚関係ではなく、したがってエドワードは庶子の子孫にあたるのでサマセット公爵位の継承権がなく、公爵位を継ぐべきは自分であると主張した。この論争と調査は長く続き、貴族院にも持ち込まれたが、2年後にハートフォード侯の主張は退けられ、エドワードの16代サマセット公爵位継承が確定している[11]

2016年現在の当主はその孫である9代ハートフォード侯ヘンリー・シーモア英語版(1958-)である[7]

本邸はウォリックシャーオルスター英語版ラグリー・ホール英語版。家訓は「信頼と愛によって(Fide et Amore)」[7]

現当主の保有爵位[編集]

現当主の第9代ハートフォード侯爵ヘンリー・シーモア英語版は以下の爵位を保有している[7]

  • 第9代ハートフォード侯爵 (9th Marquess of Hertford)
    (1793年7月5日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第9代ハートフォード伯爵 (9th Earl of Hertford)
    (1750年8月3日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ノーフォーク州における第9代ヤーマス伯爵英語版 (9th Earl of Yarmouth in the County of Norfolk)
    (1793年7月5日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位) ※法定推定相続人儀礼称号
  • 第9代ビーチャム子爵 (9th Viscount Beauchamp)
    (1750年8月3日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ウォリック州におけるラグリーの第10代コンウェイ男爵 (10th Baron Conway, of Ragley in the County of Warwick)
    (1703年3月17日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • アントリム州におけるキルルターの第10代コンウェイ=キルルター男爵 (10th Baron Conway and Killultagh, of Killultagh in the County of Antrim)
    (1712年10月16日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)

一覧[編集]

ハートフォード伯 第1期 (1138年)[編集]

ハートフォード伯 第2期 (1537年)[編集]

ハートフォード伯 第3期 (1559年)[編集]

ハートフォード侯 第1期 (1641年)[編集]

ハートフォード伯 第3期 (1559年)[編集]

コンウェイ男爵 第2期 (1703年)[編集]

ハートフォード伯 第4期 (1750年)[編集]

ハートフォード侯 第2期 (1793年)[編集]

家系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Heraldic Media Limited. “Hertford, Earl of (E, c.1138 - 1314)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月6日閲覧。
  2. ^ 森護 1987, p. 60-61.
  3. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Somerset, Duke of (E, 1546/7)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月6日閲覧。
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Hertford, Earl of (E, 1558/9 - 1750)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月6日閲覧。
  5. ^ Heraldic Media Limited. “Conway, Baron (E, 1702/3)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月6日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Francis Seymour-Conway, 1st Baron Conway of Ragley” (英語). thepeerage.com. 2016年1月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i Heraldic Media Limited. “Hertford, Marquess of (GB, 1793)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月6日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Francis Seymour-Conway, 1st Marquess of Hertford” (英語). thepeerage.com. 2016年1月6日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “Francis Seymour-Ingram, 2nd Marquess of Hertford” (英語). thepeerage.com. 2016年1月6日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “Richard Seymour-Conway, 4th Marquess of Hertford” (英語). thepeerage.com. 2016年1月6日閲覧。
  11. ^ 森護 1987, p. 80-82.

参考文献[編集]

関連項目[編集]