ハンス・プットマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・プットマンス
Hans Putmans
生年月日 不詳
出生地 Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国ミデルブルフ
没年月日 1656年

第4代台湾行政長官
任期 1629年 - 1636年
テンプレートを表示

ハンス・プットマンスオランダ語: Hans Putmans、生年不詳 - 1656年)は、オランダ冒険家で、オランダ東インド会社(VOC)の台湾行政長官である。

生涯[編集]

1624年に下級商務員としてオランダ東インド会社に勤め、1626年に上級商務員に昇進し、法廷法務員となってバタヴィアの華人事務を兼務している。1627年には市参議会主席に就任している。

1629年ピーテル・ノイツに替わって、台湾の第4代行政長官になった。

行政長官となったプットマンスは、オランダ東インド会社の艦隊を率いて、1633年10月22日鄭芝龍指揮下の水軍との海戦(料羅湾海戦中国語版)も行っている。この海戦はオランダ側の敗北に終わり、戦後明と和約を結んだ。

この敗北の後、プットマンスは農業に専念した。その作物はオランダ東インド会社の船の乗組員に配られ、会社に利益を与えた。この活動により、行政長官として高く評価された。

行政長官になった1629年11月23日には、230名の武装兵を派遣して麻荳社(今の台南県麻豆鎮)に侵寇して、焼き払っている(麻豆渓事件)。また、1635年から翌年にかけて、原住民に対する討伐を4度行っている。戦後、麻豆協約中国語版を締結した。 在任中に2000人の原住民が、オランダ東インド会社のために奴隷として働かされている。暴動が勃発した後、いわゆる「フォルモサの血税」を行った。

1639年にオランダに戻った。行政長官職は、前任者のノイツの後継者であるヨハン・ヴァン・ディア・ブルフに引き継がれた。

先代:
ピーテル・ノイツ
第4代台湾行政長官
1629年 - 1636年
次代:
ヨハン・ヴァン・ディア・ブルフ