ハンガロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハンガロア(Hanga Roa)とは、南太平洋チリイースター島の中心地である。

概要[編集]

ハンガロアの港

人口3,800人程度の村であるが、イースター島の総人口の約87%がここハンガロアに集中しており、島唯一の村でもある。また、病院、警察署や学校、市場、ガソリンスタンドなど島民の生活に必要な主要な施設が全て集まっている。『ハンガロア』とはイースター島の先住民の言葉ラパ・ヌイ語で『大きな湾』という意味である。

エスタディオ・デ・ハンガロアは約2,500人収容出来る、イースター島唯一のサッカースタジアムである。ハンガロア周辺にはモアイ像が幾つかあり、ホテルやレストランなどもあり観光客も訪れる。アヴェニーダ・アタム・テ・ケーナ大通りはハンガロアのメインストリートで、ホテルやレストラン、スーパーマーケットなどがある。この大通りは、19世紀のパラ・ヌイの王アタム・テ・ケーナ(en)の名に1988年に改名された。(それ以前はイースター島をチリに併合したチリ海軍軍人の名に由来するポリカルポ・トロ大通り)。イースター島の港の中心で、漁も盛んである。漁港(Caleta de Hanga Roa)に聖ピーター(漁師の守護聖人)の像がある。

マタベリ国際空港はハンガロアのすぐ隣にあるイースター唯一の空港である。

現在では4,000人近くの人口がハンガロアにいるが、1914年の人口は僅か250人程度だった。住民の多くは元のイースター島のポリネシア人の血を引く者やチリ本土やペルーからの移民である。

外部リンク[編集]

関連サイト