ハビエル・フェセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェセル第二姓(母方の)はペレス・デ・ペティントです。
ハビエル・フェセル
ハビエル・フェセル
本名 Javier Fesser Pérez de Petinto
生年月日 (1964-02-15) 1964年2月15日(56歳)
出生地 マドリード
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 映画監督
テンプレートを表示

ハビエル・フェセル・ペレス・デ・ペティントスペイン語: Javier Fesser Pérez de Petinto1964年2月15日 - )は、スペインマドリード出身の映画監督。2008年の『カミーノ』と2018年の『だれもが愛しいチャンピオン英語版』でゴヤ賞作品賞を2度受賞している。

経歴[編集]

1964年にマドリードに生まれ、マドリード・コンプルテンセ大学コミュニケーション学の学位を取得した。スーパー8mmフィルムで映画製作を開始し、1986年には映像製作会社のリネア・フィルムズを設立した。1992年4月にはプロデューサーのルイス・マンソスペイン語版とともに映画製作会社のペリクラス・ペンデルトンを設立した。

1998年の初長編作品『ミラクル・ペティント』はファンタジー作品であり、ゴヤ賞で脚色賞にノミネートされた。2003年の『モルタデロとフィレモン』はコミックを実写映画化したコメディであり、興行的に大きな成功を収めた。2007年の短編作品『Binta y la gran idea』はアカデミー賞短編映画賞にノミネートされた。

2008年の長編第3作『カミーノ』は論争も巻き起こしたが、ゴヤ賞で作品賞・監督賞・脚本賞など6部門を受賞した。2018年には知的障碍者のバスケットボールチームをテーマとするコメディドラマ『だれもが愛しいチャンピオン英語版』を監督した[1]。この作品はゴヤ賞で作品賞など3部門を受賞し、アカデミー外国語映画賞スペイン代表作品に選ばれた。

人物[編集]

兄のギジェルモ・フェセル英語版はジャーナリストである。

フィルモグラフィー[編集]

  • 2018年 『だれもが愛しいチャンピオン英語版Campeones
  • 2014年 Mortadelo and Filemon: Mission Implausible
  • 2013年 Al final todos mueren
  • 2013年 Invictus, el correo del César
  • 2008年 『カミーノCamino
  • 2006年 Cándida
  • 2004年 Binta and the Great Idea
  • 2003年 『モルタデロとフィレモン』 Mortadelo & Filemon: The Big Adventure
  • 1998年 『ミラクル・ペティント』 El milagro de P. Tinto
  • 1995年 El sedcleto de la tlompeta
  • 1995年 Aquel ritmillo

受賞とノミネート[編集]

アカデミー賞
部門 作品 結果
2007 短編映画賞 Binta y la gran idea ノミネート
ゴヤ賞
部門 作品 結果
2019 作品賞 だれもが愛しいチャンピオン英語版 受賞
2014 脚色賞 Mortadelo y Filemón contra Jimmy el Cachondo 受賞
2014 アニメ作品賞 Mortadelo y Filemón contra Jimmy el Cachondo 受賞
2009 脚本賞 カミーノ 受賞
監督賞 受賞
作品賞 受賞
1998 脚色賞 『ミラクル・ペティント』 ノミネート
1994 短編作品賞 Aquel ritmillo 受賞
フェロス賞
部門 作品 結果
2019 コメディ作品賞 だれもが愛しいチャンピオン英語版 受賞
スペイン映画批評家協会賞
部門 作品 結果
2014 脚色賞 Mortadelo y Filemón contra Jimmy el Cachondo 受賞
フガス賞
部門 作品 結果
2018 功労賞 受賞
2017 脚本賞 17 años juntos 受賞
プラティーノ賞
部門 作品 結果
2019 イベロアメリカ作品賞 だれもが愛しいチャンピオン英語版 ノミネート
監督賞 ノミネート
脚本賞 ノミネート
教育映画賞 ノミネート

脚注[編集]

外部リンク[編集]