ハビエル・イバーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデ・イバーラ第二姓(母方の)はベルヘです。
スペインの旗 スペインの政治家
ハビエル・イバーラ
Javier de Ybarra
生年月日 1913年7月2日
出生地 ビスカヤ県ビルバオ
没年月日 (1977-06-18) 1977年6月18日(満63歳没)
死没地 ビスカヤ県セアルニ
出身校 デウスト大学
テンプレートを表示

ハビエル・デ・イバーラ・イ・ベルヘJavier de Ybarra y Bergé, 1913年7月2日1977年6月18日)は、スペインビルバオ出身の実業家著作家政治家バスク人

経歴[編集]

政治活動[編集]

イバーラはバスク地方ビスカヤ県ビルバオにある裕福な家庭に生まれ、地元のデウスト大学法学を学んだ。1930年代のスペイン第二共和政期にはスペイン・ナショナリスト党スペイン語版(PNE)に入党し、また君主制主義者政党のスペイン革新英語版に入党した。1930年代後半には反乱軍側からスペイン内戦に参戦して負傷した。1940年代には著作家として、スペイン内戦、スペインの歴史、スペインの政治に関する作品を執筆した。1963年から1969年までは地元のビルバオ市長を務め、また、エネルギー産業のバブコック・アンド・ウィルコックス、いくつかの銀行、新聞社のエル・コレオなどの企業の役員を務めた。イバーラはフランコ体制派のブルジョワの代表格であるとされ、右翼活動家でもあった[1]

誘拐殺人事件[編集]

1977年5月20日、イバーラはバスク地方分離独立主義組織バスク祖国と自由(ETA)の活動家に誘拐された。事件を引き起こしたのは、ETAの中でも政治を重視する派閥ETA(pm)[2]の方針に反発していたベレチアック(comando berezi、los "berezis"、特殊コマンド部隊)のメンバーだった[1]。彼らは覆面を付けて家の中に侵入し、家族を縛ってさるぐつわを咬ませると、救急車でイバーラを連れ去った。誘拐犯はバスク地方内で囚われている囚人の釈放を要求し、この条件はスペイン政府によって大部分は果たされた。すると、誘拐犯はさらに10億ペセタの身代金と、さらなる囚人の釈放を求めた。イバーラを誘拐したグループが、ETA本体との提携を放棄していたことが状況を複雑にした。イバーラの家族は支払期限を引き延ばすよう交渉を試みたが、誘拐犯は交渉には応じず、6月20日にイバーラを殺害したと発表した。さらに遺体の場所を示しているとされる地図を送り、グアルディア・シビル(治安警察)はその地図から遺体を見つけることができなかったが、ナバーラ県の農家の近くで遺体が発見された。頭部を撃たれ、ビニールシートに覆われた状態だった。

死後[編集]

1975年のフランシスコ・フランコの死去後、スペインの民主化英語版が進められた。1977年6月15日にはスペイン議会総選挙が初めて行われたが、イバーラの殺害が発表された日(6月20日)はこの選挙後すぐだった。この事件は広範囲を刺激し[3]、バスク地方の世論に大きな影響を与えた[1]。遺体発見後、マドリードの日刊紙ABCは1ページを丸々使ってイバーラの写真を掲載し、「(その政治的立ち位置に関わらず)すべての政党が凶悪な殺人を非難している」との文章を添えた[4]。この事件でETA(pm)とベレチアックの溝がさらに深まり、ベレチアックはETAの中でも武力闘争を追求する過激派ETA(m)に吸収された[1]

作品[編集]

  • Mi diario de la Guerra de España 1936-1939.スペイン内戦中の私の日記 1936-1939) 1941年
  • La casa de Salcedo Aranguren(サルセード・アラングレンの家) 1944年
  • José María de Murga. 「El Moro Viscaino」(ホセ・マリア・デ・ムルガ ビスカヤのムーア人) 1944年
  • De California a Alaska. Historia de Descubrimiento.カリフォルニアからアラスカへ 発見の歴史) 1945年
  • Política Nacional en Vizcaya. De la Restauración a la República.ビスカヤの民族政治 共和制の再興) 1947年
  • La Obra de Pedro de Garmendia(ペドロ・デ・ガルメンディアの作品) 1950年
  • La basílica de Santiago(サンティアゴ教会) 1950年
  • Gentes vascongadasバスコンガダスの人々) 1951年
  • Catálogo de monumentos de Vizcayaビスカヤの記念碑の目録) 1958年
  • Escudos de Vizcayaビスカヤの紋章) 1967年-1970年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 大泉光一『バスク民族の抵抗』(新潮選書), 新潮社, 1993年, p.87
  2. ^ 1974年、ETAは政治を重視するETA politico-militarまたはETA(pm)と、武力闘争を重視するETA militarまたはETA(m)に分裂した。
  3. ^ Clark, R.P. The Basque Insurgents: ETA, 1952-1980. Madison: University of Wisconsin, 1984. 100-102.
  4. ^ ATROZ ASESINATO DE JAVIER DE YBARRA” (Spanish). ABC (1977年6月23日). 2015年2月1日閲覧。