ハシボソガラパゴスフィンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハシボソガラパゴスフィンチ(学名:Geospiza difficilis)とは、フウキンチョウ科ダーウィンフィンチ類に属する鳥類の一種。

ハシボソガラパゴスフィンチ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: フウキンチョウ科 Thraupidae
: ガラパゴスフィンチ属 Geospiza
: ガラパゴスフィンチ G. fuliginosa
学名
Geospiza difficilis
(Sharpe, 1888)
和名
ハシボソガラパゴスフィンチ
英名
w:Sharp-beaked ground finch

分布[編集]

ガラパゴス諸島フェルナンディナ島サンチャゴ島ピンタ島ジェノベサ島ダーウィン島ウォルフ島

生態[編集]

フェルナンディナ島、サンチャゴ島、ピンタ島の湿気の多い高地で繁殖するが、残りの島々では乾燥した地帯に生息している。以前は他島でも高地に棲んでいたが、これらの島のなかで現在でも高地が生息場所となっているのは、イサベラ島のみである。

ダーウィン島とウォルフ島に生息するハシボソガラパゴスフィンチの亜種は、身体が大きく鳥の血を吸う習性を持ち、カツオドリの背後から突いて流れ出た血液を飲んだり卵を突いて食べることがあることから、血液を常食する唯一の鳥類とされる。それゆえ、血を吸う鳥(吸血鳥)として知られているが、他島に棲息している亜種は昆虫植物などを食べるため、血を吸うことはない。

脚注[編集]

  1. ^ BirdLife International (2012年). "Geospiza difficilis". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2. International Union for Conservation of Nature. 26 November 2013閲覧. 

関連項目[編集]