ハインリヒ3世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハインリヒ3世(Heinrich III., 940年 - 989年10月5日)は、ケルンテン大公(1世)(在位:976年 - 978年)、バイエルン大公(3世)(在位:983年 - 985年)、ケルンテン大公(再位)(在位:985年 - 989年)。ルイトポルト家のバイエルン大公ベルトルトの子。若公若年公といわれる。

父バイエルン公ベルトルトが947年に死去した際、バイエルン公位は、父の兄アルヌルフ悪公の女婿で東フランク王ハインリヒ1世の次男ハインリヒ1世に与えられた。しかし、ハインリヒ1世の子でバイエルン公位を継承したハインリヒ2世が976年に神聖ローマ皇帝オットー2世に対し反乱を起こした際に、バイエルンはハインリヒ2世より取り上げられて分割され、そのうちのケルンテン(およびヴェローナアクイレイア)は大公領として独立させハインリヒ3世に与えられた。しかし、同年、ハインリヒ3世は前バイエルン公ハインリヒ2世の反乱に与し(「三ハインリヒの反乱」)、978年に裁判にかけられ、ケルンテン大公位を剥奪された。

982年にハインリヒ2世のあとにバイエルン大公となっていたシュヴァーベン大公オットー1世が後継者なく死去し、皇帝オットー2世はバイエルン公位をハインリヒ3世に与え、947年の父ベルトルトの死から36年ぶりにバイエルン大公位がルイトポルト家に戻った。

しかし、983年のオットー2世の死後、ハインリヒ2世が新皇帝オットー3世の後見候補として名乗りをあげる中で諸侯と対立し、結果として母后テオファヌの摂政位就任を認めることとなり、その見返りとして985年、ハインリヒ2世に再びバイエルン大公位が与えられることになった。それに伴い、それまでバイエルン大公位にあったハインリヒ3世は、代わりに再びケルンテン大公位を与えられた。

989年、ハインリヒ3世は後継者なく死去し、ケルンテン大公位はバイエルン大公ハインリヒ2世に与えられた。

参考文献[編集]

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • Stolberg-Wernigerode, Otto zu: Neue deutsche Biographie, Bd.: 8 Hartmann - Heske, 1969, p.341[1]
先代:
ケルンテン公
976年 - 978年
次代:
オットー1世
先代:
オットー1世
バイエルン公
983年 - 985年
次代:
ハインリヒ2世
先代:
オットー1世
ケルンテン公
985年 - 989年
次代:
ハインリヒ2世