テオファヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テオファヌ
Theophanu
神聖ローマ皇后
Otton II et Théophano.JPG
オットー2世とテオファヌ
出生 960年
コンスタンティノープル
死去 991年6月15日
ナイメーヘン
埋葬  
ケルン、サン・パンタレオン修道院
配偶者 神聖ローマ皇帝オットー2世
子女 アーデルハイト
ソフィア
マティルデ
オットー3世
テンプレートを表示

テオファヌ(Theophanu, 960年 - 991年6月15日)は、神聖ローマ皇帝オットー2世の皇后。ギリシャ語名のテオファノ(Theophano)、テオファニア(Theophania)という記載もある。

生涯[編集]

東ローマ帝国首都コンスタンティノープルで生まれる。東ローマ皇帝ヨハネス1世ツィミスケスの姪といわれているが[1]ロマノス2世と皇后テオファノの娘という説もある。キエフ公国の公妃となったロマノス2世の皇女アンナ・ポルフィロゲネタとともに、初めて外国へ嫁いだ東ローマ皇族であるといえる。

オットー1世は、同盟の証に東ローマ皇族の皇女を息子オットーの妃とするため要求[2]、これに応えて、972年に皇女を送る豪華な使節団が到着した。

2人は972年4月14日、ローマサン・ピエトロ大聖堂ローマ教皇ヨハネス13世の立ち会いの下に結婚した[1]。また、同じ日にテオファヌは皇后として戴冠した。

2人の間には5人の子供が生まれた。

テオファヌは夫の遠征に自ら同行し、統治でも彼の隣で采配を振った。彼女によってもちこまれた東ローマ文化は、夫の宮廷を華やかにした。その例として、当時手づかみで食事をしていた西ヨーロッパに、東ローマ帝国宮廷で用いられていた食卓用フォークをもたらしたことはよく知られている。一方、夫の生母で、義母にあたるブルグントのアーデルハイトはテオファヌを好まず、彼女が亡くなったとき大喜びしたという。

983年にオットー2世は死去し、ローマに葬られた。テオファヌはまだ幼いオットー3世の摂政を991年まで務めた[3]

テオファヌは991年にネーデルラントのナイメーヘンで死去し、ケルンに葬られた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 瀬原、p. 92
  2. ^ 瀬原、p. 91
  3. ^ 瀬原、p. 102 - 107
  4. ^ 瀬原、p. 107

参考文献[編集]

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年

関連項目[編集]