ベルトルト (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バイエルン公ベルトルト

バイエルン公ベルトルト(Berthold von Bayern, 900年頃 - 947年11月23日)は、ルイトポルト家出身のバイエルン大公(在位:938年 - 947年)。

ベルトルトはバイエルン辺境伯ルイトポルトの息子で、バイエルン公アルヌルフの弟にあたる。926年にはケルンテンの伯として記録されている。938年に甥エーバーハルトが皇帝オットー1世によりバイエルン公位を剥奪された後、ベルトルトはバイエルン公位を与えられたが、その際に聖職叙任権などの権利を放棄することとなった。ベルトルトは、オットー1世の妹ゲルベルガかヘートヴィヒとの結婚が計画されていたものの叶わず、バイエルン貴族の娘ビルトルートと結婚した。ビルトルートはのちにノイブルク・アン・デア・ドナウのベルゲン修道院を創設した。943年、ベルトルトはヴェルスでハンガリー軍を破りハンガリーの侵略を防いだ。カランタニア(現シュタイアーマルク州)のキリスト教化はベルトルトによるところが大きい。

ベルトルトはオットー1世の治世を支えたものの、947年のベルトルトの死後、息子のハインリヒはバイエルン公位を継承することができず、兄アルヌルフの娘ユーディトと結婚していたオットー1世の弟ハインリヒ1世がバイエルン公となった。息子ハインリヒは皇帝オットー2世の治世下でケルンテン公(ハインリヒ1世)およびバイエルン公(ハインリヒ3世)となった。

参考文献[編集]

  • Heinrich Appelt: Berthold (Herzog von Bayern und Kärnten). In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 2, Duncker & Humblot, Berlin 1955, S. 153.
  • Ludwig Holzfurtner: Herzog Berthold von Bayern. Ein Herrscher zwischen den Zeiten? In: Konrad Ackermann (Hg.): Staat und Verwaltung in Bayern. München 2003, 61-75.
  • Sigmund Ritter von Riezler: Berthold (Herzog von Bayern und Kärnten). In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 2, Duncker & Humblot, Leipzig 1875, S. 518 f.
先代:
エーバーハルト
バイエルン公
938年 - 947年
次代:
ハインリヒ1世