ノート:筑後船小屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中立性の問題について[編集]

保護の依頼がしてあります。賛成派反対派それぞれに意見はあるでしょうが、まずノートで論議してください。また、要約欄での罵り合いは後で消せませんし、好ましくないことです。たね 2004年11月15日 (月) 07:15 (UTC)

一部議員と市長への著しい個人攻撃記事だと思われます。確証のない記事をそのまま掲載するのは好ましくありません。新幹線船小屋駅誘致反対派によるあからさまな主張記事であり、中立性に欠けています。そのまま掲載し続けてはいけません。

中立性にかけているのは、ノートでの話し合いが行われずに双方が独自に書いてしまったためです。Wikipedia:修正依頼にも依頼を出して、要注意記事に加えておきました。中立性に問題があるのでしたら、まずここで対話をしてください。また、根拠を示してもらえれば論議が進みやすくなります。中立性が保たれない場合、両論併記の形もあるのですから、冷静にお願いします。たね 2004年11月15日 (月) 16:04 (UTC)

根拠は以下の通り。

  • 追加しても九州新幹線の今に至る経過を削除する者がいる。今に至る記事を書かないと船小屋に駅誘致する理由についてについて地域を知らない人からは誤解を生じる。
  • 特定個人、つまり某議員と市長を悪者扱いしすぎの記事である。市長の関与は船小屋駅が期成会を通じての要望であるため分かるものの、某議員が関わった根拠がない。インフラ整備の問題なので、個人の動きより組織レベルの動きを掲載すべきである。
  • 国土交通省による認可がなされ、来年度にも駅本体工事が着工されるので、もはや"構想"ではない。
  • ポジティヴ要素よりも圧倒的にネガティヴ要素の多い、あからさまな新駅反対記事になっている点。

駅誘致に賛成、反対するのは自由でしょうが、反対の意見ばかり書きなぐるのは良くでしょう。 そこで、この船小屋駅については現状のみの記事を掲載し、船小屋駅 (新幹線)の記事を改めて作り、そこに賛成、反対の記事をまとめたらどうでしょうか。


「船小屋駅 (新幹線)」のような項目を立てるのではなく、本稿で「新幹線」ないしは、鉄道と政治(但し、NonPOV記事であるので、その色合いを薄める程度だが)で「賛否をまとめて」掲載すれば良いのでは?論争回避で別項目を立てることは、ちょっとまずいので。と言うより、本来は賛否をこの場で示して、記事としての妥協点をまとめ上げるのが目的ですから。
なお、この問題については、この場での論争で初めて知りましたので、背景は何とも言えません。その為、判らない人間でも判るようにして欲しいですし、またそういった論点を記して欲しいです。
また、こちらで発言される方は~(半角チルダ)4つを文末に付してください。そうしないと、いたずらと見なし、削除されるおそれがあります。これは、編集ボックスの右から2つ目を書いた後にクリックしても同様の効果が得られます。Sat.K 2004年11月16日 (火) 10:55 (UTC)

まず一方の方が意見を示されていますので、もう片方の方の意見も示してもらってここで意見をぶつけ合っていい記事にして欲しいものです。ただ、根拠としてHPなどの外部リンクで賛成派反対派の根拠を示すという手もあります。これならご自身が主張しているだけでなくより広い意見になると思いますので、いかがでしょうか?たね 2004年11月16日 (火) 17:34 (UTC)



10月26日に初めて新駅設置問題を最初に書き込んだ者です。今から反対の立場から賛成派への反論を行います。

私の基本的な考え

  • 船小屋駅新幹線駅設置に反対しています。

反対派の意見として

  • 利用者・経済効果が見込めない
    • 賛成派は、地元経済・観光の活性化(船小屋温泉の活性化など) 、新駅予定地 そばに建設中の筑後広域公園との一体的な利用効果などを謳っているが、どういう根拠があって利用者があるのか、経済効果があるのか分からない。
  • 建設費が膨大
    • 建設費の地元負担60億、駅周辺整備事業20億円。それ以上とも言われている。これまで筑後市は、羽犬塚駅を中心に整備事業を行っており、田んぼの真中にある船小屋駅を一から整備するメリットなどない。
  • 新幹線が停車する久留米駅まで羽犬塚駅から快速で最短10分
  • 利用者が少ない船小屋駅停車の為に、新幹線のスピードアップ妨げになる

などがあげられます。

次に賛成派の書き込みに対して反論します。

>船小屋駅の直接の利用者をはじめ

  • 現在船小屋駅は田んぼの中にある無人駅であり、利用者はきわめて少ない。筑後市のほとんどの利用者は、中心部にあり一部の特急が止まる羽犬塚駅を利用している。

船小屋駅の有様

>大牟田市や瀬高町、柳川市など各方面からの乗り換え需要も見込まれる。

  • 大牟田については新大牟田駅設置があり根拠がない。瀬高町、柳川市についても明確な根拠がない。

>・筑後地方南部地域の将来にわたる一体的発展

  • 具体的に不明確。数字的根拠があるのか。

>新駅設置には地元負担約60億円

  • 新駅建設の地元負担金だけで60億円、駅周辺整備事業に20億円。それ以上とも言われている。

Sat.Kさんへの反論

>特定個人、つまり某議員と市長を悪者扱いしすぎの記事である。市長の関与は船小屋駅が期成会を通じての要望であるため分かるものの、某議員が関わった根拠がない。インフラ整備の問題なので、個人の動きより組織レベルの動きを掲載すべきである。

  • 筑後市桑野照史市長は、船小屋駅設置を公約に掲げて当選しおり、反対派が批判するのは当然である。また、「影で地元出身の有力国会議員が後押ししたとの情報もある。」と書いたのは、「船小屋駅設置促進期成会」の顧問に地元出身の某衆議院議員が就任しており、またいくつかのメディアも関与を示唆する報道していたので「との情報もある」と記載したまでで断定していない。

>この船小屋駅については現状のみの記事を掲載し、船小屋駅 (新幹線)の記事を改めて作り、そこに賛成、反対の記事をまとめたらどうでしょうか。

  • 新しい船小屋駅は、在来線と新幹線併設が計画されており、船小屋駅問題は一体的な問題である。だから同じ記事欄に書き込んだ方が適切だと思われる。

その他

  • 「影で地元出身の有力国会議員が後押ししたとの情報もある。」と書いたのは、「船小屋駅設置促進期成会」の顧問に地元出身の某衆議院議員が就任しており、またいくつかのメディアも関与を示唆する報道していたので「との

情報もある」と記載したまでで断定していない。

  • 「現在でも問題はくすぶっている状況である。」と書いていたのに賛成派から何度も消された。地元を中心に今でも建設反対の人々もいるということで解決されたとは言い難い状況を踏まえて記載している。

関連サイト

ここを見れば反対派の理論が全て分かります

利用者:KEI 2004年11月15日 (水) 15:24 (JTC)

一部読みやすいようにスタイルを変更しました。またお二方とも利用者登録をお勧めします。たね 2004年11月17日 (水) 07:02 (UTC)

一言申しますが、私の発言は、「「船小屋駅 (新幹線)」のような項目を立てるのではなく、」から後段です。履歴参照「反論」を書かれたKEIさんは誤解なきように。「なお、この問題については、この場での論争で初めて知りましたので、背景は何とも言えません。その為、判らない人間でも判るようにして欲しいですし、またそういった論点を記して欲しいです。」と書く人が前段の文章を書けるでしょうか?
ただ、「「船小屋駅 (新幹線)」のような項目を立てるべきではない」と言う意見は少なくとも片方の方にはあるようで、その点では良いと思います。
後、お二方とも利用者登録を御願いします。そうしないと、仮に二者の対立で糸口が見えず、他の記事に悪影響を及ぼすとこのサイトの共同管理者が判断した場合、「IPブロック」を掛けることとなるのですが、その場合にはダイヤルアップ回線など可変IPの場合には広範に編集等が出来なくなります。そういったケースでは仮に第三者が他の記事を見て修正をしたくても出来なくなります。Wikipediaはなるべく多くの方からの加筆等を求めているのでそれに反することとなり、また無関係な第三者にも迷惑が及びます。その点をふまえて重ねて御願い致します。また、文末に署名をしないと、冒頭のケースのように他者の発言と捉えることもあり得ますので、よろしく御願い致します。なお、-(半角ハイフン)4つで生成される横棒は「仕切り線」として使用されますが、章立てと異なりあまり頻繁には利用されませんし、ノートで会話区切りとしてはあまり使用されません。その辺をふまえてよろしく御願い致します。Sat.K 2004年11月18日 (木) 01:17 (UTC) 一部追加Sat.K 2004年11月18日 (木) 01:48 (UTC)

賛成派からの反論がぜんぜんありませんが。

依頼しても文章の撤回がありませんよ。

保護の解除を依頼する方法もあります。ただ、どちらもIPですし、また編集合戦が再発すれば長期保護になってしまいますが。たね 2005年1月2日 (日) 15:46 (UTC)

開業に向けた記事の処理について[編集]

解決済み 解決済み --地図帳 2011年3月12日 (土) 20:41 (UTC)
  1. 本記事船小屋駅は、現駅関連記述だけと共に旧廃止駅の記事として残す。
  2. 開業後適宜、本記事船小屋駅内の、新在来線駅、新幹線駅に関する記述を、筑後船小屋駅一部転記する。

でよいでしょうか--221.190.125.137 2011年1月11日 (火) 15:02 (UTC)

反対 JR九州のプレスリリース[6]によると、船小屋駅は移転と同時に筑後船小屋駅へ改称する予定となっており、船小屋駅は廃止されるわけではなく、筑後船小屋駅も新駅という扱いではないようです。また、船小屋駅の分量が分割するほど多いとも言えないので、船小屋駅の記事を残したまま新たに筑後船小屋駅の記事を作成する必要性が低いと思われます。
九州新幹線全線開通後、船小屋駅を筑後船小屋駅に改名したうえで、同記事内にて旧駅舎についての記述をするのが良いと考えます。--地図帳 2011年1月20日 (木) 10:35 (UTC)

地図帳さんの案で問題ないと思います。あと11日ですし--219.160.248.225 2011年3月1日 (火) 13:40 (UTC)

(参考)リダイレクト筑後船小屋駅の処理についてはWP:DEL#Cを参照--219.162.194.215 2011年3月10日 (木) 09:56 (UTC)

  • リダイレクト「筑後船小屋駅」については、作成時以外の履歴がありませんから、現状のままで問題なく移動(改名)できます。--Kone 2011年3月10日 (木) 10:05 (UTC)
チェック 九州新幹線全線開業開業に伴う駅名改称のため移動しました。--Colocolo 2011年3月12日 (土) 01:36 (UTC)