ノート:尖閣諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このページには削除された版があります。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/尖閣諸島」、「Wikipedia:削除依頼/尖閣諸島20101024」、「Wikipedia:削除依頼/尖閣諸島 20110310」をご覧ください。

このページは一度削除が検討されました。削除についての議論は「Wikipedia:削除依頼/尖閣諸島20120417」をご覧ください。

Filing cabinet icon.svg

このページの節に {{Section resolved|1=~~~~}} を置くと、7 日後に SpBot がその節を過去ログ化します。


「国有化以降の尖閣諸島領海への中国監視船の進入の常態化」の簡潔な記述について[編集]

大和屋敷さんが「キリがない」といってWikipedia方針になんら違反していない記述を削除しますが、そもそも、国有化以降に中国公船が領海に高頻度で入ってくるようになったことを「たかだか1行で書くこと」は、「大枠・大局の流れ」であって瑣末な一つ一つの事件を書いているわけではありません。既に本文にある

このため、尖閣諸島周辺海域では2005年の沖縄近海における台湾漁船の抗議行動や尖閣諸島中国漁船衝突事件のように、
実効支配する日本と領有権を主張する台湾・中国側との間で、不法操業や不法越境・上陸をともなう国際問題がしばしば発生している。
また、尖閣諸島の諸問題を巡って、両国民の間で2010年尖閣諸島抗議デモや2012年の中国における反日活動等のデモ活動が繰り返されている。

との記述は確か私が過去に書いた記述ですが、これと同様の大枠の記述であり、よって「キリがない」というのは的外れです。また領空侵犯は史上初のことであり、国際法上領海侵犯と重大度がまったく違い「キリがない」として削除するような記述ではありません。「領海侵犯や領空侵犯を毎回書くべきでない」ことは全くその通りです。--SLIMHANNYA会話) 2012年12月15日 (土) 14:32 (UTC)

  • 書き出せばキリがありませんので、投稿は尖閣諸島問題のほうにお願いします。「キリが無い」として他のかたの編集を削除した方が、「こっちは重要だからキリが無いとはいえない」と判断して加筆させろじゃおかしいでしょう。どの事件が重要でどの事件が些細かは外部の信頼できる情報源で議論してください。年表でモメるようなら全部削除するほうがむしろ適切です。--大和屋敷会話) 2012年12月15日 (土) 14:56 (UTC)
ですから「書き出せばキリがない」記述ではなくて「大局」の記述でしょう。一回一回の事を記述してるわけじゃないんです。いきなり削除は順序が逆です。--SLIMHANNYA会話) 2012年12月15日 (土) 14:58 (UTC)
  • つまり、この問題については我々は根本的に「重要でない論点」がなにかということは判断できない、ということです。信頼できる情報源に公表された事実や報道はすべて記述しても良いのが原則です。ですのでそれは尖閣諸島問題のほうでやりましょうということです。おなじことをここでやっても重複してるだけなので仕方ないでしょう。中国の公船が中国の漁船を接続領域内で臨検したという事件などは、私は国際法上むしろ領空侵犯などより重要だとおもいますよ。たとえばですが。--大和屋敷会話) 2012年12月15日 (土) 15:02 (UTC)
そもそも大和屋敷さんは上記の点線の中の記述には反対していないわけです。「国有化後に高頻度で中国公船が侵入するようになった」旨の記述はそれと全く同じ大局の記述でしょう。大和屋敷さんの言い分だと、この「係争がある」旨を記した節全体の記述すら「根本的に重要でない論点がなにかということは判断できない」から、全部削除しなければなくなりますよ。接続水域で中国の公船が中国漁船を臨検する事は問題ないでしょう。日本のEEZといえども、日中漁業協定で中国公船の自国船への管轄権は日本が認めちゃってるのですから。--SLIMHANNYA会話) 2012年12月15日 (土) 15:10 (UTC)
  • そういう議論はここでやっても仕方ないでしょう。尖閣諸島という日本領域についての地勢的情報を淡々と記述しておけばいいのであって、中共政府との「外交問題」案件については尖閣諸島問題で記述しておけばいいんですよ。--大和屋敷会話) 2012年12月15日 (土) 15:15 (UTC)
そういう議論をしてきたのは大和屋敷さんですよ?。尖閣諸島問題にリンクを張っていますが、それに加えてどんなことがおこっているかを1回ごとではなくて「大局で最低限書くこと」(時々デモが起きているよ。国有化以降船が進入して航空機も進入したよ。)はバランス上問題ないです。大和屋敷さんの言い分だとこの節は全削除になります。上記点線内部に対しては容認してきたのに、なぜ考えがぶれましたか?--SLIMHANNYA会話) 2012年12月15日 (土) 15:23 (UTC)

大和屋敷さんに配慮してより大局的な記述に変更しましたが、これなら大和屋敷さんも納得できるのではないでしょうか? --SLIMHANNYA会話) 2012年12月15日 (土) 15:37 (UTC)

  • 別に大和屋敷ごときに配慮とかいらんですから。せっかく尖閣諸島問題と分割してるんですから同じ内容を両方に投稿する必要はないでしょうということですよ。元の状態にもどしたのにSLIMHANNYAさんが投稿した状態で保護になったのでしばらくこのままですな。--大和屋敷会話) 2012年12月15日 (土) 18:00 (UTC)

報告[編集]

地図(ウォッちず)を参照すると、5島3岩礁の座標のいくつかが海中に没していたので、標高点を基準に1秒単位で表記し直しました。「ウォッちず」が必ずしも精確でないことは承知しておりますが、従来より「点」として座標が記されている奈良原岳千歳山_(沖縄県)と比較するに、地図が全体的に北及び東方向に0.1秒ほどずれているようでして、1秒単位の表記には問題ない(海中に没しているよりはよほどまし)と判断いたしました。--ジャコウネズミ会話) 2013年2月13日 (水) 04:50 (UTC)

保護について[編集]

単発IPのブロック、半保護と悩みましたが、皆さんいったん手を止めていただく必要があると考え、いったん全保護とさせていただきました。他の管理者による即時解除は妨げません。--VZP10224会話) 2013年4月23日 (火) 14:44 (UTC)

琉球問題與蔣介石集團的顢頇[編集]

--220.129.71.184 2013年10月13日 (日) 13:58 (UTC)

領土分割案[編集]

国際的に著名な平和学の研究者であるヨハン・ガルトゥング博士は尖閣諸島の領有権問題の解決方法として、中日がそれぞれ40%ずつの権益を分けあい、残りの20%を北東アジア共同体のために使うという非常に有益な提案をしていますので、この情報を加筆します。このような小さな無人島を巡って国どうしがいがみ合う姿は、欧米の知識人にとっては、非常に奇異なものに見えるのでしょう。--한일우호会話) 2016年9月27日 (火) 10:11 (UTC)

このような色々な立場の方が色々な意見を出している件において、このガルトゥング氏の意見を国の立場と併記せねばならない理由が見受けられません。また、こういったものは編集者の都合のいい意見を集めてくるということがまかり通ってしまいますので記載すべきではありません。大体が「その他」などという節自体が不明瞭でトリビア的です。差し戻します。--はぬまん会話) 2016年9月28日 (水) 04:42 (UTC)

有益なご示唆に感謝申し上げます。ご存知通りヨハン・ガルトゥング博士は世界的に著名な紛争解決の研究者です。博士のページに仔細を記しておきましたので、本ページには関連項目にリンクを張っておきます。

中国には「鷸蚌の争い」(鷸と蚌とが争いに夢中になっている間に、両方とも漁師にとられた)という故事があります。このような小さな無人島を巡って両国がいがみ合うすきに第三国に利を持っていかれてしまう愚に両国民が気が付く賢明さを切に望みます。--한일우호会話) 2016年9月29日 (木) 01:31 (UTC)

「〜を切に望みます」というのは、한일우호さんのご意見ですよね。ノートページとは言え、Wikipediaは社会問題についての個人の意見を表明するための場ではありません。また、ヨハン・ガルトゥング博士の意見が尖閣諸島問題の当事者などに大きな影響を与えているといった状況であるならともかく、仮に、そのような事情もなく、個人の意見を記事本文に反映したいという意図の元にヨハン・ガルトゥング博士の意見を利用したのであれば、そのような加筆はWikipediaの方針を大きく逸脱したものではないかと思います。 --Paipateroma会話) 2016年10月2日 (日) 13:06 (UTC)