ノート:太陽系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

このノートページは一度削除されています。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/ノート:太陽系をご覧ください。

分割提案[編集]

太陽系の記事の豆知識の部分を太陽系一の一覧(現在は、太陽系#豆知識へリダイレクト)への分割の提案を出します。理由は1つはページのサイズが大きいこと。もう1つはTemplate:地域代表リストでは、唯一独立したページではないことです。--♅-Uranus 2007年12月29日 (土) 06:40 (UTC)

太陽系一の一覧は、元々独立ページだったのですが、2006年8月14日に統合されました。当時の議論はノート:太陽系一の一覧を参照してください。♅-Uranusさんは、分割の理由に「ページのサイズが大きい」ということを挙げておられるのですが、豆知識部分を分割してもそれほどの量の軽減にはならないと思いますし、39KB程度なので(警告は出ますが)特段ページのサイズが大きいということはないでしょう。また、{{地域代表リスト}}の中で唯一独立したページではないということも、分割を推進する理由にはならないと思います。--新幹線 2008年1月5日 (土) 13:52 (UTC)
(報告) 賛成意見がないので分割を取りやめます。--♅-Uranus 2008年1月6日 (日) 05:40 (UTC)

定義変更[編集]

久しぶり(約2年)に覗いて、いくつか修正・加筆しました。

太陽系が「銀河系の多数の惑星系のひとつ」であるという表現を削除しました。1000億のオーダーの恒星を含む銀河系において惑星の存在が検出されている恒星は2008年7月現在およそ300個です。どうみても「多数の惑星系」とは言えません。「惑星系のひとつ」と言って言えなくはありませんが、暗黙のうちに「多数あるうちの」という意味が入るようで好ましくないでしょう。客観性を重んじるのであれば、淡々と確かなことのみを記述すべきだと思います。

その他、「太陽系小天体」と「惑星間塵」を別個のものとして扱っていたので、太陽系小天体の定義に合うようにしました。「太陽系形成論」については、初期「微惑星」の質量が大きすぎたので訂正、星雲ガスを獲得した天体は完成型と言ってよいので「木星や土星の「原型」」という表現を変更、原始惑星コアから木星などへの進化で「原始惑星」が何を指すのか明確でなかったので多少文言を足しました。

なお、太陽系形成論は私が大幅加筆した頃より進展しており変更を加えたいところですが、作業量が半端ではないので落ち着いてできるときに修正・加筆します。もちろん、作業していただける方がおられたら大歓迎です。--Toshi-kun 2008年7月28日 (月) 14:13 (UTC)

記事の総再編集[編集]

他言語版と比較して記事の内容がかなり異なり密度が薄いと思います。他言語版の記事を参考にしつつ改めて記事全体を編集し直すべきだと思いますがどうでしょうか。--高速増殖炉会話) 2014年3月22日 (土) 08:37 (UTC)

記事を増強する事には、基本的に賛成します。一方、具体的にどこをどうする、という提示がないので節構成については賛否は保留します。--Sutepen angel momo会話) 2014年3月22日 (土) 10:11 (UTC)