ノート:内閣総理大臣

ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事は5度特定版削除されています。削除に関する議論は

  1. Wikipedia:削除依頼/内閣総理大臣
  2. Wikipedia:削除依頼/内閣総理大臣 20070702
  3. Wikipedia:削除依頼/内閣総理大臣20070731
  4. Wikipedia:削除依頼/内閣総理大臣20101118
  5. Wikipedia:削除依頼/内閣総理大臣20101208をご覧ください。

総理大臣の各情報の一覧化について[編集]

現状、総理大臣の氏名の一覧は、[#記録] の節にある、[##在職日数・期間] の表が対応していますが、 記事には、この表の列にはない情報(軍歴、暗殺歴、裁判歴など)が多く含まれています。

これらも、氏名を一覧化した表の属性としてデータベース化することで、文章の中にちりばめられた情報を一括して参照することが可能になり、 複数の総理大臣の情報を、まとめて把握したい場合には最大限の可読性の向上につながります。

また、それにより、時代背景などが分かりやすく把握でき、情報の二次的側面といった活用の手段が閲覧者に与えることが可能になります。 これらは全て、ウィキペディアの記事に貢献することであり、また、ウィキペディアの現状機能では、表として表現することでのみで 得られるものであります。

よって、既に文章にあるからと言って、表の属性としてまとめるという編集は不要である、という主張は、 記事内容の重複や、記事サイズの増大、と言った、さしあったっては全く問題になっていないような懸念点が観点でしかないと言い切れ、 上記のような「ウィキペディアの記事に貢献」する編集なのかどうか?という、ウィキペディアンにとって最も重要な観点を無視した、 きわめて主観的な主張と言え、もし、このような主観的な主張を繰り返し続ける場合は、ウィキペディアにはふさわしくない参加者として 追放されるべき、主張と考えられます。

今回、この話題を追加しましたのは、[##在職日数・期間] の表に属性を追加する編集内容を、 匿名参加者が除去する編集を行ったからでございます。

前述の通り、表に属性を追加する編集内容は、ウィキペディアの記事に貢献する編集内容であることは、間違いありませんので、 上記の匿名参加者による編集はすべて差戻しします。 異議がある場合は、こちらにお願いしますが、それ場合は、 当然ながら、上記の「ウィキペディアの記事に貢献する」以上の理由を、合理的に示していただく必要がございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 --ひできち東京会話) 2021年12月22日 (水) 14:15 (UTC)[返信]

総理大臣の各情報の一覧の案内の表記について[編集]

総理大臣の一覧表としては、グルーピング、ソート属性にどの情報を使用するかの観点によって複数の記事に表が存在しています。

1 内閣総理大臣の一覧#一覧

2 内閣総理大臣#氏名・在職日数と順位・期間・死亡年・軍歴・暗殺・裁判歴

これらは、それぞれ、別の表現方法により生成された表であり、 表現している情報には、根本的な差があります。

1は、歴代順に指名を一覧した表であり、複数回の任歴がある場合は、複数の行に同一氏名が現れます。 そのため、重複なしの氏名の一覧としては利用できません。

それに対して、 2は、氏名で集約した表であり、集約した結果として、在職人数合計、在任期間の列挙 の2つの集計情報を提供するものです。 また、氏名の重複行が存在しないため、重複なしの氏名の一覧としても利用できます。

1,2の表のそれぞれの表を並記して記事上で案内することで、閲覧者が一覧情報を参照するにあたっての用途、目的に 適合する選択肢を提供することが可能になり、それはすなわち「ィキペディアの記事に貢献する」ことであることに間違いはありません。

今回、この話題を追加しましたのは、2つの表に案内の文章を、ある参加者が除去する編集を行ったからでございます。 前述の通り、2つの表の案内を並記することは、ウィキペディアの記事に貢献する編集内容であることは、間違いありませんので、 これを除去する編集は差戻しさせていただきます。 異議がある場合は、こちらにお願いしますが、それ場合は、 当然ながら、上記の「ウィキペディアの記事に貢献する」以上の理由を、 合理的に示していただく必要がございます。 どうぞよろしくお願いいたします。

なお、現状の、wiki の表の機能で2つの表を、簡単に統一することは難しいと思われますが、 2つの一覧表を分離、統一、といった改善のための編集に異議を申している意図は全くありません。

--ひできち東京会話) 2021年12月24日 (金) 04:46 (UTC)[返信]

氏名の一覧の表の行の並び順について[編集]

#記録 の節にある、氏名の一覧の表の行の並び順について、歴代の降順もしくは昇順に並べ替えた内容に修正すべきであると考えています。

この記事に限らず、ウィキペディアの記事の方針(ルール)として、Wikipedia:中立的な観点があり、この記事に関して言えば、それは、特定の総理大臣の成績を評価、中傷するような内容であってはならないと言えます。

この表の並び順は、通算在職日数の多い順ですが、この並び順は本記事の編集過程において、この並び順が偶然に選択されたとは考えにくく、この並び順にすることで、特定の人物名が一番最初に表示されること意図して、その並び順が採用されていると考えられます。本記事はあくまで内閣総理大臣であり特定人物を中立的な理由もなく目立つような表現を行うべきではないはずです。通算在職日数が多いこと自体は、総理大臣の業績の評価点の1つと思われますが、その点で一番となっている特定人物が意図的に一番上に表示され、結果として、その点のみを協調し、人物の名前を閲覧者の目に付きやすくしている編集内容は、非常に違和感を感じるものであり、明らかに中立的でないと言えます。 歴代の降順もしくは昇順に並べ替えた内容に修正を行います。

同様に、通算在職日数の順位という列項目も削除します。これ自体、通算在職日数の列で、表をソートすることで概要は把握できますし、はやり、そのような特定の情報にのみわざわざ順位付けした表現を行うことは、中立的ではありません。

上記修正(並び順変更、通算在職日数順位列の削除)に対して、異議があれば、こちらのノートにてお願いいたします。その場合、もし、現状の並び順を維持すべきだと主張されるのであれば、なぜ、その並び順でなければならないのか?ウィキペディアの記事の方針(ルール)である中立的な観点で記事を書くということよりも優先される必要がある理由について、具体的かつ明確にご説明いただく必要がございます。

上記修正に賛同いただけるのであれば、歴代の降順もしくは昇順に並べ替えたほうがよいのか?もあわせてご意見いただきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。 --ひできち東京会話) 2022年1月19日 (水) 11:52 (UTC)[返信]

  • 「歴代の降順もしくは昇順」に並べたものは内閣総理大臣の一覧にありますのでこちらに同じ表は載せる必要はありません。また、現在の通算在職日数順の表が「特定の総理大臣の成績を評価、中傷するような内容」であるというのは、ひできち東京さんが特定の人物に抱いている感情が表出しているに過ぎないのではないでしょうか。中立的な観点で見るなら特に問題のない表です。--150.147.223.222 2022年1月22日 (土) 05:46 (UTC) この議論から撤退するのでコメントを取り消し。--150.147.223.222 2022年1月24日 (月) 03:12 (UTC)[返信]
    内閣総理大臣の一覧にある表とこの記事にある表は、列項目、グルーピング項目が違っていて、同じであるという主張には全く合理性がありません。
    表を構成する要素のたった1つの属性であるソート順だけが「同じ」あることをもって、2つの表が「同じ」であるという言質は、言葉遊びとしか受け取れません。理論的な議論をしていただきたいです--ひできち東京会話) 2022年1月22日 (土) 06:59 (UTC)[返信]
    他の記事の内閣総理大臣の表を把握されているなら、それらと、この記事にある表のソート順が異なっていることは承知しているはずですが、貴方は、なぜこの記事の表だけが、通算在職日数の多い順のソート順で表現される必要性があるのか、正当な理由が必要です。特別にそのソート順にしなければならない理由を提示してください。--ひできち東京会話) 2022年1月22日 (土) 07:09 (UTC)[返信]
    在職日数は、首相官邸ホームページの歴代内閣 のページにもその数字が掲載されていることから、内閣総理大臣の大きな特徴を示す数字であることは明らかであり、十分すぎる客観性があります。私の個人的感情とは全く関係ありません。--ひできち東京会話) 2022年1月22日 (土) 07:24 (UTC)[返信]
    • どうやら結論ありきの提案のようですね。馬鹿馬鹿しいので私は手を引きます。--150.147.223.222 2022年1月24日 (月) 03:11 (UTC)[返信]
      結論としては、匿名者様は反論なしということですね。私の意見の正当性が強化された結果となりましたので、誠にありがとうございました。--ひできち東京会話) 2022年1月24日 (月) 03:23 (UTC)[返信]