ノート:ナポリタン

    日本独自の疑惑[編集]

    海外事情[編集]

    フランス[編集]

    いまフランスにいますが、ナポリタンと呼ばれるトマトソースのパスタはどこの食堂でもお目にかかります。調べてみるとフランス経由で日本のナポリタンが広がったような説もありました。http://www.seifun.or.jp/topics/home8.html --80.70.38.146 2007年3月6日 (火) 15:45 (UTC)返信[返信]

    ドイツとスイス[編集]

    ドイツおよびスイスでも、ナポリタンと呼ばれるトマトソースのパスタは見かけますね。--Ayukata 2011年1月18日 (火) 08:03 (UTC)返信[返信]

    ナポリ (イタリア)[編集]

    ナポリにある食堂で、先ほどナポリタン(spaghetti napolitana)を食べました。概要にある「「ナポリタン」というパスタは、イギリスやアメリカでの定番イタリア料理であるマカロニ・アンド・チーズと同じく、イタリアには存在しない料理である。」という記載は誤りです。「ナポリタンは、トマトケチャップで味付けした日本独自のパスタ料理である。」というのも「日本では材料を代用したレシピが定着してしまった」に過ぎないのでしょう。他言語にまで翻訳してあるようですが、井中蛙の独自見解を世界展開している感が恥ずかしいです。--2.226.12.112 2013年7月23日 (火) 02:49 (UTC)返信[返信]

    疑問提議を行うのはいいのですが、記事中に「間違っています、ノートを参照」と書くのであるならば、きちんと修正してください。その際、明確な出典も出すように願います。また、話題追加をするのであるならばページの先頭に書かずに、適切と思われる節の後に加えるか、新たな節を設けるなどしてください。Wikipedia:ウィキペディアへようこそなど、ヘルプ等をまずご一読願えればと思います。--Tmatsu会話) 2013年7月27日 (土) 03:17 (UTC)返信[返信]

    2.226.12.112 は本当にナポリのアドレスのようですね。 「真実かどうか」ではなく「検証可能かどうか」を柱とするWikipediaの面目躍如です。、誰でもナポリに行けば確かめられると思いますがね。「存在しない」は検証困難でも「存在する」は一例あれば事足りますから。ああ、でも出版しないとだめですか?「ナポリタンはナポリ発祥だった」なんて誰も書きませんね。

    英語版Wikipedia記事とGoogle画像検索[編集]

    英語版WikipediaItalians refer to Neapolitan sauce only in association with other recipes, for instance, spaghetti napolitana.[6]の記載があり、イタリアにspaghetti napolitanaがあるのは間違いないようです。画像検索すると世界のナポリタンも大量に出てきます。 --Bellogalico会話) 2013年7月30日 (火) 12:19 (UTC)返信[返信]

    入江が本当に考案者か[編集]

    さて。本文の以下の部分をみると、入江さんのレシピはイタリアのものに近いようです。つまり入江さんはケチャップナポリタンの考案者でもなければ、トマトソースナポリタンの考案者でもなかったようです。

    ナポリタンの起源については、...入江茂忠が最初に考案したとの記録が残っており
    入江のレシピどおりトマトケチャップが一切使われておらず一般的なナポリタンとは味の異なる、いわばトマトソースのスパゲティとなっている。

    一般的なナポリタンの出典不在[編集]

    とすると一般的なナポリタンの検証可能な証拠はどこですか? まさか、俺の知ってるナポリタンだけが本物とかいうんじゃないですよね? --Bellogalico会話) 2013年7月30日 (火) 11:45 (UTC)返信[返信]

    和式ナポリタン?の真の考案者[編集]

    本記事の脚注に示されている横浜税関 スパゲティの輸入「スパゲティナポリタンは横浜生まれ!」の6ページを見ると、次のようにあります。

    入江茂忠()は、進駐軍が食べていたスパゲティにトマトケチャップをからめた軍用食にヒントを得て・・・

    あれ?本記事中にある、スパゲティにトマトケチャップで味付けした一般的なナポリタンを考案したのは進駐軍みたいです。命名すら入江かどうかぁゃιぃものです。脚注資料だって「信頼性に乏しい情報源」です。だって、もとになった参考資料は「日本パスタ協会HP」ですから。--Bellogalico会話) 2013年7月30日 (火) 12:19 (UTC)返信[返信]

    戦前のナポリタン[編集]

    戦前の資料には「Spaghetti Napolitaine」の文字が見られるメニューがあった??

    協会と学会[編集]

    横濱を中心とする日本パスタ協会日本ナポリタン学会があるようです。俺のレシピはここから来てるようですね。

    上野 玲 について[編集]

    ほぼ唯一の情報源となっている上野 玲氏の「ナポリタン」。同著者による他書のカスタマーレビューにこうありました。

    何よりこの人は、ジャーナリストを自称するわりに「検証」という作業をしないので、人の言ったことや自分の意見を載せて終わり、その意見が正しいかどうかの検証は全く行いません。非論理的であり非科学的です。

    なるほどね。

    記事の有効性[編集]

    日本独自のナポリタンについて検証可能な証拠が示されていないようなので、この記事は無効ということになりますか?

    Wikipedia:検証可能性は「出典を示す責任は掲載を希望する側に」と定めており、「定評のある情報源がない場合、その話題に関する記事はウィキペディアで立てるべきではありません。」としています。--Bellogalico会話) 2013年7月30日 (火) 12:19 (UTC)返信[返信]

    要出典タグについて[編集]

    Apple2000さんにより2009年3月4日に要出典タグを貼られたようです。ノートでの協議もなく、編集要約にすら明記していないまま重要なタグを張りっぱなしで放置しているのはいただけません。過去に編集されたユーザーにより関連文献や番組名が明記されているので、ノートで呼びかけてそのユーザーの方たちと話し合いをされてから、要出典を貼り付けても遅くありません。このまま貼り付けたまま放置して、一定期間返答がないので段落全てを自動的に削除ということをされますと、後々編集合戦を呼びますので慎重にお願いいたします。--Takora D 2009年3月22日 (日) 01:39 (UTC)返信[返信]

    出典を示す義務は記述を残そうとする側にあります。現状では本記事の出典は一切示されていません。「関連文献」として挙げられている1冊の本の中に、現在の記述の典拠が全てあるのであれば、そのように明記すべきだと思います。--Peachkiller 2009年8月31日 (月) 13:09 (UTC)返信[返信]

    出典の明記タグと要出典タグを付けました[編集]

    現在「関連文献」として書かれている本に全ての情報源があるのであれば、そのように本文記述を修正願います。それ以外の情報源を利用して書かれている記述については、順次、出典の明示をお願いいたします。検証可能性の冒頭にある「方針」節を未読の方は、この機会にご一読ください。よろしくお願いいたします--Peachkiller 2009年8月31日 (月) 13:12 (UTC)返信[返信]

    新しい文献[編集]

    『古川ロッパ昭和日記』昭和9年12月22日のなかで、 三越の特別食堂でスパゲティを食べ、“淡々たる味で、(ナポリタン)うまい。”と感想を書いています。 http://www.aozora.gr.jp/cards/001558/files/52689_46623.html

    また、同日記の昭和11年4月29日では、電通地下食堂での“マカロニ・ナポリタン”に触れています。 http://www.aozora.gr.jp/cards/001558/files/52690_47984.html

    雑誌『横浜ウォーカー』2013年6月号には、野毛「米国風洋食 センターグリル」は昭和21年の開業時よりナポリタンにケチャップが使用されていた事が紹介されています。 因みに横浜ニューグランドの戦後営業再開は昭和27年です。

    記事の内容が見直される時期に来ているような気が致します。

    --Hanamiya会話) 2013年6月5日 (水) 00:57 (UTC)返信[返信]

    起源の問題[編集]

    「ナポリタンは日本起源」は、つまるところ「マーボードウフは日本起源」「ギョウザは日本起源」「ラーメンは・・」「カレーは・・」というのと同じです。日本の「マーボードウフ」「ギョウザ」「ラーメン」「カレー」は、本場の「麻婆豆腐」「餃子」「拉麺」「カレー」とは違った独自レシピで作られるからです。でも、それを「日本起源」という人はいない。しかし、本場でもレシピがいろいろあるし、日本国内でもいろいろです。

    「ナポリタン」も、現地にはいろんなレシピがあります。これぞ「ザ・ナポリタン」なんてことはないのです。 だいたい、ナポリはごちゃごちゃした街です。歴史的背景もあっていろんな文化が融合してる。「ナポリタン」という称号には「ごちゃまぜ」くらいのニュアンスが入ってます。スパゲティのナポリ風=ごちゃ混ぜスパゲティ。そんなとこです。--Bellogalico会話) 2013年8月7日 (水) 05:19 (UTC)返信[返信]

    起源等について[編集]

    議論が停止してからしばらく経つので節を新しくしておきます。英語版エスペラント語版フランス語版では日本語と説明(正確には読めないので恐らくですが)されています。また、本来あまり信頼にはなりませんがはてなでは napolitain はフランス語であると書かれており、発祥はアメリカであるとしています。あと、Spaghetti Napoletana でヤフったらSpaghetti alla napoletanaというドイツ語版のナポリタンと同様らしき料理の記事がでてきました((現時点で他の言語と言語間リンクされていませんが)。 --Mzm5zbC3 () 2015年1月1日 (木) 02:14 (UTC)返信[返信]

    英語版エスペラント語版フランス語版は NapolitanでなくNaporitan(綴り間違い)というなんちゃって翻訳版です。日本独自をもっともらしく見せ、さらに修正されたりしないよう細工した人がいるのでしょう。各言語のページは日本の通信系企業からのアクセスで作成されています。--*^ Histori An会話) 2015年9月8日 (火) 08:18 (UTC)返信[返信]

    レシピについて[編集]

    ケチャップナポリタンは、もともと本物のナポリタンに使うトマトピューレなどが入手困難だったため、似せて作った「なんちゃってナポリタン」でした(昔は常識だったのであえて文字にした人は見たことがありません)。なのにいつの間にか「なんちゃってナポリタン」が日本独自の本物という位置づけにされ、本物のほうは高級レストランでしか見られない「酸っぱいブドウ」になってしまったというのが真相です。食べたことのない「本物」より慣れ親しんだ「偽物」に愛着がわくのは当然ですが違和感は否めません。出典は書かないので、独自見解ということでいいです。 ところで、冒頭にナポリタンは、スパゲッティをタマネギ、ピーマン等と共にケチャップで炒めた、日本独自の料理とありますが、その右にある写真にはタマネギもピーマンも入っていません。なんちゃってナポリタンが「独自」なら、もっと「独自」らしく説明にあうもっともらしい写真を掲載すべきかと思います。--*^ Histori An会話) 2015年9月8日 (火) 08:18 (UTC)返信[返信]

    出典確認の必要性と今回の確認資料について[編集]

    良質な記事選考でのLoasaさんのご指摘をふまえ、いくつかの参考文献(手元に残っていた澁川『ニッポン定番メニュー事始め』、石毛『文化麺類学ことはじめ』、『vesta』記事の部分コピー、今回調達できた上野『ナポリタン!』扶桑社版、web上の記事)を確認して内容を修正しました。思っていたよりも出典との差異が激しく、独自研究らしき部分も残っているため、一度全面的に出典を見直した方がよいというご意見はごもっともだと思います(先日の記事修正時には一文単位でまでは出典を精査しておらず、見落としなどもあるかと思います)。再選考も反対しません。--Nano blocks会話) 2018年10月9日 (火) 15:27 (UTC)返信[返信]

    参考文献節に載っている文献はあらかた確認して出典を整理しました。鈴木猛夫『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活』、高嶋光雪『アメリカ小麦戦略―日本侵攻』、服部幸應『世界の六大料理基本事典』の3点は確認できていませんので、その旨ご承知おきいただければと思います。つい加筆してしまいましたが個人的にはトマトソースの細かい歴史は「トマトソース」の記事に、戦後の小麦とパスタの歴史については「パスタ」なり「コムギ」なりに転記した方がいいのではないかという印象です(MSA関連はリンク先記事にそれなりに詳述されていたので簡略化しました)。--Nano blocks会話) 2018年10月20日 (土) 16:06 (UTC)返信[返信]
    ありがとうございます Nano blocks様、まずはお疲れ様でした。そして記事の問題点修正へのご努力に感謝いたします。Nano blocksさんに手を入れていただいたおかげで、それ以前の版に比べてかなり良くなり、やっとGA記事としてもなんとか恥ずかしくないくらいの内容になったと思います。
    さて、これだけご尽力いただいた方に苦言を呈するようなことを言うのは気が引けますが、やはり一つだけ。最初に確認された際に、一文単位の精査ではなくても、参照位置がおかしいとか、内容的に齟齬がありそうだ、など参照について怪しげな点をいくつか見つけたのならば、ほぼ全部を精査・修正するまでは、賛成票ではなくせめてコメントに留めておいていただきたかったと思います。経験上、この種の参照の問題点は、一割程度見つけると実は全体にわたってかなり多数見受けられることが多く、そのままではとても良質な記事とは言いがたいレベルであり、一部修正したくらいでは、とうていGAレベルになったとは言いがたいためです(Nano blocks様も、今回出典を精査してそれを実感されたことと思います)
    なにはともあれ、今回のNano blocks様による出典再検証と内容修正への貢献には改めてお礼申し上げます。--Loasa会話) 2018年10月21日 (日) 01:26 (UTC)返信[返信]
    1度めの修正時には決定的と感じるほどの不備はなかったので賛成票に投じたのですが、早期終了ルールを失念していたのもあって多少軽い気持ちで入れた面があったのは確かです(Loasaさんのご指摘とその後の展開にやや「しまった」とは思っていました)。失礼しました。今後は留意いたします。--Nano blocks会話) 2018年10月21日 (日) 05:29 (UTC)返信[返信]

    高級フランス料理の「スパゲッティ・ア・ラ・ナポリテーヌ」[編集]

    以前この名前だったセクションにあった東洋軒のページへのリンクを、『料理王国』という情報誌の文献情報に書き換えました。『料理王国』の「日本のイタリア料理100年史」という特集に東洋軒が紹介されているページがあり、おそらく「雑誌で当店が紹介されました」という趣旨で雑誌のこのページがWebに紹介されていたのだと思います。しかし、雑誌の記事やこのセクションで示されている文献を読むと全然当時の状況がわからなくなってきたので、ここに書いておきます。なお、片岡義男については別に述べます。

    このセクションはまず、明治期はロングパスタよりマカロニが主流だった、と言って澁川祐子『ニッポン定番メニュー事始め』2013年の「ナポリタン」の章を示していますが、澁川2013の明治期の話は39-40ページのみです。「穴あきうどん」とも書かれているので、澁川2013は「マカロニ」=「円筒状の短い麺」のつもりで使っているのだと思います。

    次は、パスタは「マカロニやラビオリをベシャメルソースで仕上げるフランス料理として調理されていたという」という、『料理天国』を使った記述です。しかし『料理天国』の記述は、当時の料理人はイタリア料理という認識はなく、フランス料理として調理していた「のだろう」という推測です。「フランス料理として調理していた」という歴史的記録に基づいた主張ではありません。しかも『料理天国』は、当時の「マカロニ」はロングパスタも含んでいたと思う、と言っており、澁川2013とも食い違っています。

    その次は、パスタは輸入品しかなかったので高級店でのみ扱われていた、という池上俊一『パスタでたどるイタリア史』2011年に基づく記述です。しかし、池上2011は高級店でのみ扱われていたのは輸入品だったからだ、なんて言っていません。むしろ池上2011は「パスタ(マカロニ)」(3ページ)と書いた上で、明治40年に新潟でマカロニ製造が始まり、全国に広がっていった、と言っています。澁川2013はこの新潟の件は大量生産にいたらなかった、と言ったうえで高級店のみだったと書いており、これなら辻褄はあうのですが、池上2011だけを読むと、高級店でのみ扱っていたのは材料が輸入だったことと関係なさそうに見えます。

    その次は、当時は「洋食」化はしなかったという、大矢復『パスタの迷宮』2002年に基づく記述です。これは確かに「洋食」化はしなかったと言っています。しかし160ページでは長い麺を手で折って作る「マカロニースープ素麺汁」を紹介する明治の文献を示して、長いパスタを折るのが明治時代は唯一の調理法「であったようにみえる」と書いています。大矢2002はこの料理が英米仏経由で日本に入ってきたと繰り返し主張していますが、その根拠は当時の文献の訳語が英語やフランス語であることです。

    要するに「明治はマカロニだった」という点で三者は共通しているのですが、その「マカロニ」が何を指しているのかに関してはばらばらのように見えます。立場の違う論者の主張の断片を混ぜ合わせてあり、出典が言っていないことが書いてあったりするため、この時代、本当はどうだったのかよくわからなくなっています。そもそもこの記事はナポリタンの記事ですから、「ナポリタン」のような名前の料理はこの時代からあったが、「洋食」化はしなかった、とだけ言えればよいのではないでしょうか。--西村崇会話) 2022年9月23日 (金) 05:48 (UTC)返信[返信]