ノート:イギリスの行政機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィキプロジェクト イギリス・アイルランド
British Isles.svg 「イギリスの行政機関」は、イギリスアイルランドを対象としたプロジェクト:イギリス・アイルランドの関連記事です。このページに関する議論は、当該プロジェクトのノートで告知することもできます。このプロジェクトへの参加を希望される方は、プロジェクトページを訪ねてください。プロジェクトはあなたの参加をお待ちしております。

法務省と司法省[編集]

イギリスには、司法ないし法務を所管する省庁として、「Ministry of Justice」と「Attorney General's Office」の2種類があります。前者がSecretary of State for Justice(大法官を兼任)率いる司法制度を管轄する省で、後者がAttorney Generalの事務所で刑事事件を管轄しています。表にまとめると、次のとおり。( )内は、その官庁のトップの訳語。

Ministry of Justice Attorney General's Office
イギリス政府の省庁 法務省 法務総裁庁
Template:イギリスの行政機関 法務省 法務総裁庁
イギリスの政治 法務省 司法省(司法長官)
大法官 法務省(法務大臣) 司法省(司法長官)
内閣 (イギリス) -(法務大臣) -(司法長官)
ゴードン・ブラウン内閣 -(法務大臣) -(法務長官)
控訴院 (イングランド・ウェールズ) - -(法務長官)
キャサリン・アシュトン - (司法大臣) -
イギリス大使館 -(司法大臣) -(法務長官)
国立国会図書館 司法省 法務長官府
英国の省における大臣・特別顧問 司法省 法務総裁庁

このように、訳語がバラバラです。特に、 イギリスの政治のような区別(法務省と司法省を別物とする)、あるいは「Attorney General's Office」を「司法」と訳すことは非常に疑問です。イギリスのほかの省は全て「Ministry」ですが、これだけ「Office」ですし、通常「司法省」との訳語があてられるのは、「Ministry of Justice」です。実際に、イギリスのMinistry of Justiceのことを「司法省」と訳すこともよくあります。にもかかわらず、ウィキペディアで「イギリスで『司法省』といえばAttorney General's Officeのこと」としてしまうのは適切でないと思います。

そこで、出典として使えそうな、イギリス大使館と国立国会図書館(「英国の省における大臣・特別顧問」も国会図書館のレファレンスのものです)の訳に揃えて、

  • Ministry of Justice - 司法省
    • Secretary of State for Justice - 司法大臣
  • Attorney General's Office - 法務長官府/法務総裁庁
    • Attorney General - 法務長官/法務総裁

と整理するのが一番スッキリすると思うのですが、いかがでしょう。ちなみに、Attorney Generalの訳語を辞書で調べると、アメリカでは「司法長官」で、イギリスは「法務長官」「法務総裁」と訳すのが一般的のようです。--かんぴ会話) 2012年5月10日 (木) 13:58 (UTC)

コメント 当事者である英大使館のサイトを確認してみましたが、「司法大臣」、「法務長官」は確認できましたが、省の名称については揺れがあるようです。
英大使館の人権問題のページではMinistry of Justiceを「法務省」としています。(対応する英語版のページを見ると確認できます。なお、「法務省」で検索すると5件ヒットしますが他4件は日本の法務省です。)
一方英大使館の情報公開のページでは「司法省」の表記があります。こちらは英語版が確認できませんでしたが、これもMinistry of Justiceを指しているのは確実でしょう。
Ministry of Justiceの日本語表記としては、「司法大臣」に合わせて「司法省」とすべきだと思います。
「Attorney General's Office」の日本語表記は英大使館のサイトでは確認できませんでした。私の感覚では「法務庁」ですが。 --アルビレオ会話) 2012年5月12日 (土) 22:59 (UTC)
改めて確認しましたら、イギリスの他の行政機関でも「Office」となっている省はあるのですね(もっとも、「Office」は「省」とも「庁」とも「府」とも訳されているようですが…)。
となると、「Attorney General's Office」を「司法省」と訳す違和感(というか、そもそも出典なし)は、「“Justice”の“Office”」でもなく「“Attorney General”の“Office”」である省庁を単に「司法省」とかと訳すせいかもしれません。その意味で、同じく単に「法務庁」とするのもおかしいと思います。すなわち、「“法務”の機関」ではなく「“法務長官”の機関」なので(省庁の名前としては、“司法”も“法務”も“Justice”に対応しています)。
したがって、私は「Attoerney General=法務長官」を含む名称がしっくりきます。となれば、国会図書館の仮訳に合わせ、「司法大臣―司法省」「法務長官―法務長官府」の組み合わせがベストかと思います。出典もありますし(個人的な「感覚」を言い出したら、私の感覚では「法務長官庁」なのですが、出典なしです。)。--かんぴ会話) 2012年5月13日 (日) 01:38 (UTC)
ちなみに、出典が確認できるのは、上記「法務長官府」と「法務総裁庁」のほか「法務長官室」があります。いずれも「法務長官○」「法務総裁○」の形です。「法務○」「司法○」と訳す出典はありますか?--かんぴ会話) 2012年5月13日 (日) 01:44 (UTC)

提案 おおよそ共通の認識だと思うのですが、AGOについては定訳が無いので、どれが絶対的に正しいということもできません。そこで、「出典がある」という点と「法務長官」と整合的であるという点に鑑みて、さしあたり、

  • Secretary of State for Justice - 司法大臣
  • Ministry of Justice - 司法省
  • Attorney General - 法務長官
  • Attorney General's Office - 法務長官府

としておくのが良いと思うのですが、いかがでしょうか。--かんぴ会話) 2012年5月18日 (金) 17:04 (UTC)

賛成 その4つの表記で妥当だと思います。--アルビレオ会話) 2012年5月18日 (金) 20:48 (UTC)
賛成 とても詳しく調べられていることに、ただただ感心するばかりの当記事の初版作成者です。(^^;) 当初より私自身も混乱していましたので、今ここで議論されていることを嬉しく思います。私も、かんぴさんの提示してくださった、上記の4通りの対応関係が今のところ適当だと思います。--Doraemonplus会話) 2012年5月24日 (木) 07:50 (UTC)
では、上記のとおり書き直していきます。--かんぴ会話) 2012年5月26日 (土) 04:04 (UTC)
Template:イギリスの行政機関で「スコットランド法務総裁庁」についてもスコットランド法務長官府に変更されたようですが、スコットランドの当該役職は、「Advocate General」で、今回問題となっている「Attorney General」とはまた別物なんですよね…。なので、これも一緒に「法務長官」としてしまうわけにもいかないです。
で、こっちはこっちで「スコットランド法務官府」という微妙に異なる訳語があてられていますね。「Advocate General」にも定訳はないでしょうし、とりあえず、国立国会図書館に合わせておきます。--かんぴ会話) 2012年5月27日 (日) 08:04 (UTC)

改名提案[編集]

提案 上記の議事を読み終え、関連する記事を巡回してきて、またここへ戻ってきて、ふと考えたのですが、当記事の名称を「イギリス政府の省庁」から「イギリスの行政機関」に改めることを提案いたします。その理由として、当記事が省庁と呼べる(=邦訳される)行政機関のみを扱う記事ではなく、英国政府の行政機関を包括的に扱う記事であることを念頭に置いている為です。また、改名することにより、日本の行政機関との間で記事名に関して整合性が生まれる為です。ご意見等ありましたら、お知らせください。もし特に反対がないようでしたら、約一週間の猶予期間を経た後に、改名措置を取らせていただきます。--Doraemonplus会話) 2012年5月24日 (木) 08:12 (UTC)

  • 賛成 ご提案の趣旨に賛成いたします。--Isamit会話) 2012年5月26日 (土) 21:25 (UTC)
報告 Isamitさん、賛同ありがとうございます。特に反対意見も無いようでしたので、本日付で改名措置を取らせていただきました。取り急ぎ、ご報告まで。--Doraemonplus会話) 2012年6月3日 (日) 18:02 (UTC)

当記事でのイギリス最高裁判所の扱いについて[編集]

Departments, agencies and public bodiesを参照しながら#イギリスの行政機関一覧を執筆していて一つ疑問に思ったのが、出典元にNon ministerial departments(非大臣省)としてイギリス最高裁判所が記載されていた点です。当記事はイギリスの行政機関というタイトルであるため、どう考えても行政の範疇ではない裁判所を記事中に書き込むことはできず、筆者独自の判断で現在は除外してあります。もしも、このイギリス最高裁判所を当記事に記載するのであれば、イギリスの行政機関ではなくイギリスの政府機関などに改名し、それに沿った記事に改変していく必要が出てくる可能性もあります。(現に、英語版ではen:Departments of the United Kingdom Government、中国語版ではzh:英国政府部门という記事名であり、いずれも「行政」を指す単語が入っていません。)今後、他の編集者から意見が付いたら、改変を検討しようと思います。--Doraemonplus会話) 2015年9月2日 (水) 07:21 (UTC)