ノルベール・グヌット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノルベール・グヌット
Norbert-Goeneutte photo.jpg
原語名Norbert Goeneutte
生誕 (1854-07-23) 1854年7月23日
フランスの旗 フランス帝国 パリ
死没 (1894-10-09) 1894年10月9日(40歳没)
フランスの旗 フランス共和国 オーヴェル=シュル=オワーズ
国籍フランスの旗 フランス
著名な実績絵画版画
影響を受けた
芸術家
印象派

ノルベール・グヌットNorbert Goeneutte1854年7月23日 - 1894年10月9日)はフランスの画家、版画家、挿絵画家である。印象派の影響を受けて、パリの街や人々を描いた。多くの雑誌にも挿絵を描いた。

略歴[編集]

パリで生まれた。リセ・コンドルセで学んだ後、父親の意向で公証人の事務所で働くが、父親が亡くなった後、母親を説得して美術の道に進んだ。

1871年からパリのエコール・デ・ボザールで、イジドール・ピルスに学んだが、1875年にピルスが亡くなった後、学生に人気のないアンリ・レーマンが後任になり、モンマルトルのボヘミアンたちの街で過ごすようになった。印象派の画家たちが集まっていたカフェ・ド・ラ・ヌーヴェル・アテーヌの常連となり、モンマルトルの画家たちと親しくなった。それらの画家の中には、エドガー・ドガクロード・モネカミーユ・ピサロピエール=オーギュスト・ルノワールがいて、ルノワールの作品のモデルに何度かなった。これらの印象派の画家の影響を強く受けていたが、印象派の画家たちのグループ展に出展することはなく官立展のサロン・ド・パリで作品を発表するのを好んだ。1876年に、パリの街角を描いた作品を出展した後、毎年サロンに参加した。

版画家としても知られるマルスラン・デブータンからも影響を受け、木版画や銅版画にも熱心に取り組んだ。兄の援助で、1880年にロンドン、1890年にヴェネツィアを訪れフランス国内各地も旅し、多くの風景画も描いた.[1] 。1889年にフランス画家・版画家協会(Société des peintres-graveurs français)の創立メンバーとなったが2年後、協会がデンマーク生まれの画家、カミーユ・ピサロの入会を拒否したことから協会と対立した[2]

1891年に、医師でアマチュア画家のポール・ガシェの診断を受けて、心臓の悪いことがわかり、ガシェの住むオーヴェル=シュル=オワーズに移った。オーヴェル=シュル=オワーズでも挿絵などを描いたが、1894年に病死した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Norbert Goeneutte - (1854-1894) in van-gogh.fr
  2. ^ Norbert Goeneutte in Zibelius Fine Art

参考文献[編集]

  • Gœneutte, Norbert. In: Ulrich Thieme, Fred. C. Willis (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 14: Giddens–Gress. E. A. Seemann, Leipzig 1921, S. 307–308 (Textarchiv – Internet Archive).
  • Gilbert de Knyff: L’art libre au XIXe siècle ou la vie de Norbert Goeneutte, Paris 23 juillet 1854 – Auvers-sur-Oise 9 octobre 1894. Mayer, Paris 1978.
  • Christophe Duvivier (Hrsg.): Norbert Goeneutte, 1854–1894. Ausstellungskatalog, Musée Tavet-Delacour, Pontoise 1994, ISBN 2-905199-34-2.