ニュー・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニュー・ローズ
ダムドシングル
初出アルバム『地獄に堕ちた野郎ども
B面 ヘルプ
リリース
録音 1976年9月17日[1] ロンドン
ジャンル パンク・ロック
時間
レーベル スティッフ・レコード
作詞・作曲 ブライアン・ジェイムス
プロデュース ニック・ロウ
チャート最高順位
  • 81位(イギリス、1986年[2]
ダムド シングル 年表
ニュー・ローズ
(1976年)
ニート・ニート・ニート
(1977年)
テンプレートを表示

ニュー・ローズ」(New Rose)は、ダムド1976年にデビュー・シングルとして発表した楽曲。

解説[編集]

イギリスのパンク・シーンにおける初のシングルとして知られている[1][3]。1976年8月にスティッフ・レコードからソロ・デビューを果たしていたニック・ロウがプロデュースを担当した。レコーディングは9月17日の午後だけで完了して、翌月には早くも店頭に並ぶこととなった[1]

B面「ヘルプ」はビートルズのカヴァーで、アルバム『地獄に堕ちた野郎ども』(1977年)のオリジナルLPには収録されなかった。

発表当時は全英シングルチャート入りしなかったが、1986年に本シングルが再発されると、5週に渡ってチャート・インを果たし、最高81位に達した[2]

カヴァー[編集]

脚注[編集]