ニュー・ラオス・ナショナルスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラオス国立競技場
Stadenat-vientiane.jpg
施設情報
所在地 ラオスの旗 ヴィエンチャン都
位置 北緯18度03分45秒 東経102度42分14秒 / 北緯18.06250度 東経102.70389度 / 18.06250; 102.70389座標: 北緯18度03分45秒 東経102度42分14秒 / 北緯18.06250度 東経102.70389度 / 18.06250; 102.70389
起工 2007年10月28日
開場 2009年9月22日
所有者 ラオス政府
運用者 ラオス政府
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105m×68m
建設費 9800万ドル
使用チーム、大会
サッカーラオス代表
2009年東南アジア競技大会
収容能力
25,000

ニュー・ラオス・ナショナルスタジアム: New Laos National Stadiumラーオ語: ສະ​ຫນາມກິ​ລາ​ແຫ່ງ​ຊາດ​)は、ラオスの首都ヴィエンチャン都のラオス・ナショナルスポーツコンプレックス内にある多目的スタジアムである。コンプレックスは6つの建物(2つのインドア競技場、競泳場、テニスコート、射撃場、アップ場)と本メインスタジアムにより構成される。

概要[編集]

ラオス・ナショナルスタジアムに代わる新たな国立競技場として2009年に設立された。収容人数は25,000人[1]。主にサッカーの試合に用いられ、サッカーラオス代表のホームスタジアムとして利用される。

建設[編集]

  • 2007年4月3日起工式、2007年10月28日より本格建設が開始され、2009年9月22日にラオス政府に完成引き渡しが行われた。建設は雲南建工である[4]
  • 建設費は雲南建工が9800万ドルの融資を受けて肩代わりし、その見返りとしてサイセター総合開発区の開発権を得ている。

管理[編集]

  • 競技場主任のクンペング・カムマングによると、大規模スタジアムの維持管理には莫大な費用がかかり教育スポーツ省より一部の清掃資金が捻出されているものの十分ではないと説明している。ラオス国家スポーツ委員会の管理下で各スポーツ連盟が各自の設備の維持を行うことで合意していたが、これらの連盟も施設を維持する予算がなく多くの施設が放置されているという。また、電気代や水道代の支払いや管理費で毎月多大な支出が必要であり困難であるとしている[5]

交通アクセス[編集]

ヴィエンチャンの中心街からは遠く離れているためバスもしくはタクシーの利用が推奨される。ヴィエンチャンのワットタイ国際空港よりタクシーで約30~40分。

脚注[編集]

  1. ^ soccerway.com
  2. ^ Laos Confident New Stadium Will Be Completed on Time for SEA Games voanews.com
  3. ^ 第16回アセアン大学競技大会
  4. ^ “第25回SEA GAME競技場が引き渡し”. パテートラオ紙. (2009年9月23日) 
  5. ^ “国立競技場が荒廃”. Vientiane Times紙. (2014年7月17日) 

外部リンク[編集]