ニューヨーク市地下鉄S系統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NYCS-bull-trans-S.svg
BMTブランクリン・アベニュー線パーク・プレイス駅付近の同線の単線区間

ニューヨーク市地下鉄S系統(ニューヨークしちかてつSけいとう、シャトル系統)はニューヨーク市地下鉄の運行系統の一つ。カラーはダーク・スレート・グレー。公式には3つの系統(うち2つは常時運行、1つは深夜運休)がS系統とされており、さらに4つの系統が深夜のみシャトルとして運行しているが、深夜のみ運行するシャトルにはS系統の系統記号が用いられない[1]

シャトルの運行形態[編集]

S系統[編集]

シャトル系統名 NYCT
系統記号
北端 南端 運行時間
42丁目シャトル 0(ゼロ) タイムズスクエア駅 グランド・セントラル駅 深夜を除き常時運行
ロッカウェイ・パーク・シャトル H ブロードウェイ・チャンネル駅 ロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅 常時運行
フランクリン・アベニュー・シャトル S フランクリン・アベニュー駅 プロスペクト・パーク駅 常時運行

深夜のみ運行[編集]

運行系統 系統名 北端 南端 備考
NYCS 5 ダイアー・アベニュー・シャトル イーストチェスター-ダイアー・アベニュー駅 東180丁目駅 SS系統
NYCS A レファーツ・ブールバード・シャトル ユークリッド・アベニュー駅 オゾン・パーク-レファーツ・ブールバード駅 通常のA系統とともに運行
深夜向けの路線図ではNYCS-bull-trans-A gray.svg
時刻表ではNYCS-bull-trans-S blue.svg、列車ではNYCS Lefferts Shuttle.svgを系統記号として使用
NYCS M マートル・アベニュー・シャトル マートル・アベニュー駅 ミドル・ビレッジ-メトロポリタン・アベニュー駅 SS系統
NYCS R ベイ・リッジ・シャトル 36丁目駅 ベイ・リッジ-95丁目駅

旧系統[編集]

SS Train (1967-1979).svg

かつて地下鉄建設中にのみ運行されたシャトルにもS系統やSS系統が割り当てられた。1985年以前は全てのシャトルにSS系統が用いられ、S系統はアケダクト競馬場駅行きのINDの列車を含む特別列車 ("special") に用いられた。1967年にクリストファー・ストリート・コネクションが全通し全ての運行系統に系統記号が導入され、この時初めてSS系統が登場した。

かつては以下の運行系統にS系統またはSS系統が割り当てられていた。

  • ボウリング・グリーン-サウス・フェリー・シャトル (1909–1977年)
  • カルバー・シャトル (1954–1975年)
  • 63丁目シャトル (1998–1999年)
  • グランド・ストリート・シャトル (2001–2004年)

シャトル系統のうち一部はH系統またはHH系統が割り当てられ、これらが最後にインディペンデント・サブウェイ・システムに割り当てられた系統記号となった。これらの系統記号は1936年から1946年まではコート・スクエア・シャトルに、1967年からは1993年に青色にSの系統記号に変更されるまでロッカウェイ・パーク・シャトルに割り当てられていた。2012年11月にはハリケーン・サンディによりロッカウェイズ(ロッカウェイ半島)に接続する線路が被害を受けたため臨時運行されたシャトルにH系統が割り当てられた。

トランジット・オーソリティが全運行系統に系統記号を割り当てた際、「シャトル」と認めるには全長が長すぎると考えられたため3番街高架線には8系統が割り当てられた。しかし、同線を走行する列車の方向幕には「8」ではなくSHUTTLEが表示された。この系統は1973年に廃止された。

レノックス・ターミナル・シャトル (1905?–1970年頃)[編集]

3系統が登場するまではレノックス・ターミナル・シャトル(レノックス・シャトル、レノックス・アベニュー・シャトルとも)が148丁目駅と135丁目駅を結んでいた。1968年5月13日より前は145丁目駅が終点であったため145丁目シャトルと呼ばれ、運行時間は午後9時から午前1時までであった。1918年までにこの運行系統が設定されたが、IRTホワイト・プレインズ・ロード線がIRTレノックス・アベニュー線と接続された1905年から運行が開始されていたとされる。

1969年から1972年にかけて3系統に統合され、当時はシャトルとして運行された。1995年9月10日に3系統の深夜運行が中止されたが、その後2008年7月27日に運行が再開された。この間には代わりに無料の夜行シャトルバスが運行された[2]

マートル・アベニュー・シャトル (1969–1973年)[編集]

1969年10月3日にBMTマートル・アベニュー線マートル・アベニュー-ブロードウェイ駅以南の運行が中止されると、MJ系統が廃止され現在の深夜・週末のみ運行のM系統のシャトルが誕生した。しかしこの系統にはSS系統が割り当てられ、1973年に両系統が統合されるまでM系統とは別の系統と考えられていた。

ナッソー・ストリート・シャトル (1999年)[編集]

このシャトルは1999年5月から9月までウィリアムズバーグ橋の修復工事に伴い運行された。運行時間は毎日午前6時から午後10時まで、運行区間はエセックス・ストリート駅~ブロード・ストリート駅(週末はチェンバーズ・ストリート駅)間であった。エセックス・ストリート駅でB39系統のバスに乗り換え、橋を渡ってJ系統が利用可能なマーシー・アベニュー駅に向かうことができた。

脚注[編集]

  1. ^ Late Night Service Map”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2012年1月). 2012年2月21日閲覧。
  2. ^ “Service Enhancements on 3 Line” (プレスリリース), MTAニューヨーク・シティ・トランジット, (2008年7月24日), http://web.mta.info/mta/news/releases/?en=080724-NYCT109 2008年7月26日閲覧。 

関連文献[編集]

外部リンク[編集]