ニック・スルニチェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
出身校  ウェスタンオンタリオ大学
学派  加速主義
テンプレートを表示


ニック・スルニチェク(Nick Srnicek、1982年[1] - )は、カナダ出身の哲学者、著述家。左派政治理論についての著作で知られる。

カナダのウェスタンオンタリオ大学で心理学と哲学を二重専攻し[2] 、2007年に同大学修士課程を修了[3]。その後ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの博士課程に進学し、2013年に学位論文「複雑性の表象――世界政治の唯物論的構成(Representing complexity: the material construction of world politics)」を書き上げた[4]。現在、シティ大学ロンドンとウェストミンスター大学で客員講師を務める[5]

スルニチェクは加速主義(accelerationism)の哲学と関連付けられる。


アレックス・ウィリアムズ(Alex Williams)と共に2013年にネット上で発表し、多方面に影響をあたえた『加速派政治宣言』で有名である。

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Katarzyna Piasecka, 'Accelerationism: Tomorrow, we're not going to work!', CafeBabel (Feb. 22, 2016), http://www.cafebabel.co.uk/society/article/accelerationism-tomorrow-were-not-going-to-work.html.
  2. ^ Laureano Ralón, ' Interview with Nick Srnicek', Figure/Ground (29 December 2011), http://figureground.org/interview-with-nick-srnicek/
  3. ^ Nick Srnicek, 'Assemblage Theory, Complexity and Contentious Politics: The Political Ontology of Gilles Deleuze' (Unpublished MA thesis, University of Western Ontario, 2007), https://www.academia.edu/178031.
  4. ^ Nick Srnicek, 'Representing complexity: the material construction of world politics' (unpublished PhD thesis, The London School of Economics and Political Science, 2013).
  5. ^ Katarzyna Piasecka, 'Accelerationism: Tomorrow, we're not going to work!', CafeBabel (Feb. 22, 2016), http://www.cafebabel.co.uk/society/article/accelerationism-tomorrow-were-not-going-to-work.html.

外部リンク[編集]