ナヴァポラツク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナヴァポラツク

ノヴォポロツク
Наваполацк
Новополоцк
Navapolack Montage (2017).jpg
ナヴァポラツクの旗
ナヴァポラツクの紋章
紋章
ナヴァポラツクの位置(ベラルーシ内)
ナヴァポラツク
ナヴァポラツク
座標:北緯55度32分 東経28度39分 / 北緯55.533度 東経28.650度 / 55.533; 28.650
 ベラルーシ
ヴィーツェプスク州
ポラツク郡
建設 1958
面積
 • 市 48.49 km2
標高
133 m
人口
(2015)[1]
 • 都市部
108,000人
等時帯 UTC+2 (EET)
 • 夏時間 UTC+3 (EEST)
Postal code
211440
市外局番 +375 213
ナンバープレート 2
ウェブサイト novopolotsk.by

ナヴァポラツクベラルーシ語: Наваполацк [n̪äväˈpɔɫ̪ät̻͡s̪k], Navapołack (ワチンカ英語版)とは、ベラルーシヴィーツェプスク州都市である。ロシア語の表記はノヴォポロツクロシア語: Новополоцк [n̪əvɐˈpo̞ɫ̪ət̻͡s̪k], Novopolotsk)。1958年に建設された。[2]ポラツクから北西12km離れた場所に位置し、「新しいポラツク」を意味する名前が付けられた[3]。都市の名前は文字通り「新しいポラツク」を意味するだけでなく,町の建設に参加した若者への敬意も表わされている。[4]

歴史[編集]

ナヴァポラツクは西ドヴィナ川に沿って建てられた。町が存在する場所には元々30の村が存在していたが、それらの村を廃止して石油化学工業の拠点となる新たな町が建設された。[3]

ヨーロッパ最大の石油精製所を建設する目的を達成するため,1958年より町の建設が迅速かつ綿密に進められた。[4]建設中の町には熱狂的な国家の支持者が集まり,彼らの多くに社会主義労働英雄が授与された。若者が中心となって建設された町であるため,目を惹くような華美な建物は見当たらないものの,彼らの熱意は町の建設の大きな力となった。[4]

産業[編集]

ナヴァポラツクは古い村落と不便な沼地がある場所に建設された都市であるが,ベラルーシ北西の国境に近く,町で生産された製品を西側諸国の主要企業に輸出することを見越して建てられた。[4]

製油所英語版を操業するナフタンのほか、化学工業のポリミール、石油パイプラインのドルージバなど、ベラルーシ経済の根幹を支える企業がナヴァポラツクに置かれている。ポリミールはベラルーシで最初にポリエチレンを製造した企業である。[5]

スポーツ[編集]

ナヴァポラツクはバンディのベラルーシ代表チームに数人の選手を送り出している。[6]ナヴァポラツク出身のDaniil Garnitsky[7]はベラルーシバンディ連盟の会長を務めた。[8]ほか,バイアスロン選手のスヴェトラナ・パラミグイナ英語版ハンマー投選手のイゴール・アスタプコビッチもこの町の出身である。[4]

ナヴァポラツクを拠点とするプロスポーツチームは、ベラルーシ・エクストラリーグ英語版のKhimik-SKA Novopolotsk、サッカークラブのFCナフタン・ナヴァポラツクがある。

文化[編集]

市内にはナヴァポラツク州立音楽大学、[9]美術学校、図書館などのいくつかの文化施設や音楽学校、ナヴァポラツク歴史文化博物館が置かれている。ナヴァポラツク歴史文化博物館の見どころとして,建物だけでなく電車や線路も再現されたナヴァポラツクの町の模型がある。

ナヴァポラツクには歴史的な価値がある遺跡や遺物はなく観光名所とは言い難いが,詩人のペトルーシ・ブロフカ英語版は町そのものが「60年代の人々による壮大な記念碑」だと表現した。[4]ナヴァポラツクの建設に携わった労働者が初めてテントを設置した場所には銅製の記念碑が建てられ,建設者たちの偉業を後世の人間に伝えている。[4]1963年2月9日にナヴァポラツクで最初に生産されたガソリンは,フラスコに入れられたまま博物館に保管されており,博物館の近くには町の開拓に使われた掘削機のバケツが展示されている。[4]

町では毎年国際童謡フェスティバルが開催されているほか,[4]国際的な賞を授与されたアカペラ音楽グループが活動している。

国際関係[編集]

ナヴァポラツクは下記の都市と姉妹都市協定を締結している。[10]過去にはポーランドプウォツクとも姉妹都市協定を結んでいたが、ベラルーシが2022年のロシアのウクライナ侵攻に関与しているため、同年3月にプウォツクはナヴァポラツクとの姉妹都市協定を解消した。[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ World Gazetteer”. 2013年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  2. ^ Novopolotsk - a Brief History of the Town Archived 2005-12-26 at the Wayback Machine.
  3. ^ a b 服部倫卓「ノヴォポロツク」『世界地名大事典』第5巻、朝倉書店、2016年、 2175頁。
  4. ^ a b c d e f g h i Novopolotsk”. Vetliva. 2022年3月閲覧。
  5. ^ General information -The plant Polymir of OJSC Naftan”. 2022年3月閲覧。
  6. ^ http://www.bandyvm.se/eng2/read.asp?newsID=103
  7. ^ Информация об игроке Гарницкий Даниил (Новополоцк) - Игроки - Реестр - Федерация хоккея с мячом России”. 2022年4月10日閲覧。
  8. ^ FIB - Members”. 2022年4月10日閲覧。
  9. ^ NGMU (Novopolotsk State Musical College)” (英語). www.ngmk.by. 2017年7月3日閲覧。
  10. ^ Города-побратимы. Партнерские отношения” (ロシア語). novopolotsk.by. Novopolotsk. 2021年3月28日閲覧。
  11. ^ Płock zawiesza partnerską współpracę z rosyjskimi i białoruskimi miastami” (ポーランド語). 2022年3月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 服部倫卓「ノヴォポロツク」『世界地名大事典』第5巻、朝倉書店、2016年、 2175頁。
  • Novopolotsk”. Vetliva. 2022年3月閲覧。