ナンナ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナンナ
1203 Nanna
仮符号・別名 1981 ET3 · 1983 CN1
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯[1]
発見
発見日 1931年10月5日[2]
発見者 マックス・ヴォルフ[2]
軌道要素と性質
元期:2017年2月16日 (JD 2,457,800.5)[2]
軌道長半径 (a) 2.8925 AU
近日点距離 (q) 2.1795 AU
遠日点距離 (Q) 3.6055 AU
離心率 (e) 0.2465
公転周期 (P) 4.92 (1,797 日)
軌道傾斜角 (i) 5.9706
近日点引数 (ω) 176.38 度
昇交点黄経 (Ω) 224.58 度
平均近点角 (M) 137.21 度
物理的性質
直径 31.80±1.22 km[3]
32.59±0.87 km[4]
35.06 km (derived)[1]
35.18±3.9 km (IRAS:2)[5]
35.92±15.13 km[6]
37.91±12.03 km[7]
自転周期 15.6±0.1 時間 (dated)[8]
18.54±0.01 h[9]
25.80±0.05 h[10]
スペクトル分類 C[1]
絶対等級 (H) 11.20[4][5] · 11.60[7] · 11.63±0.24[11] · 11.7[2][1] · 11.71[3][6]
Template (ノート 解説) ■Project

ナンナ(1203 Nanna)は、小惑星帯外側にある直径約35kmの炭素質の小惑星である。1931年10月5日にドイツの天文学者マックス・ヴォルフにより、ドイツ南西部のケーニッヒシュトゥール天文台[12]で発見され、ドイツ人の画家アンゼルム・フォイエルバッハのモデルの名前に因んで命名された[13]

軌道[編集]

ナンナは暗いC型小惑星である。太陽から2.2-3.6天文単位の軌道を1797日(4年11か月)かけて公転している。軌道離心率は0.25で、軌道傾斜角黄道に対して6°である[2]。1926年には、1926 RHとして特定されており、公式の発見よりもw:Observation arcが5年間遡った[12]

自転周期[編集]

2009年9月、アメリカの天文学者ブライアン・ワーナーコロラド州w:Palmer divided observatoryでの測光観測で、2つの光学曲線を得た。1つ目の光学曲線の分析により、自転周期は18.54時間で、光度の振れ幅は0.12等級、2つ目の光学曲線は曖昧な結果で、自転周期は各々25.80時間と12.90時間、光度の振れ幅は0.15等級だった[9]。これらの結果は、フランスのアマチュア天文学者であるフェデリコ・マンジーニローラン・ベルナスコーニルネ・ロイが2004年8月に得た断片的な光学曲線による15.6時間という自転周期に取って代わった[8]

直径とアルベド[編集]

IRASあかりNEOWISE等のミッションにより、ナンナの直径は、31.80kmから37.91km、アルベドは0.028から0.056であると測定された[3][4][5][6][7]Collaborative Asteroid Lightcurve Linkは、絶対等級11.7に基づき、アルベドを0.03、直径を35.06kmとしている[1]

命名[編集]

ドイツの画家アンゼルム・フォイエルバッハによるいくつかの絵のモデルとなったアンナ・リージの綽名であるナンナに因んで命名され[13]、1955年にポール・ハーゲットの著作The Names of the Minor Planetsの中で公表された[13]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e LCDB Data for (1203) Nanna”. Asteroid Lightcurve Database (LCDB). 2017年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e JPL Small-Body Database Browser: 1203 Nanna (1931 TA)”. Jet Propulsion Laboratory. 2017年2月13日閲覧。
  3. ^ a b c Nugent, C. R.; Mainzer, A.; Bauer, J.; Cutri, R. M.; Kramer, E. A.; Grav, T. et al. (September 2016). “NEOWISE Reactivation Mission Year Two: Asteroid Diameters and Albedos”. The Astronomical Journal 152 (3): 12. arXiv:1606.08923. Bibcode2016AJ....152...63N. doi:10.3847/0004-6256/152/3/63. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2016AJ....152...63N 2017年2月13日閲覧。. 
  4. ^ a b c Usui, Fumihiko; Kuroda, Daisuke; Müller, Thomas G.; Hasegawa, Sunao; Ishiguro, Masateru; Ootsubo, Takafumi et al. (October 2011). “Asteroid Catalog Using Akari: AKARI/IRC Mid-Infrared Asteroid Survey”. Publications of the Astronomical Society of Japan 63 (5): 1117–1138. Bibcode2011PASJ...63.1117U. doi:10.1093/pasj/63.5.1117.  (online, 臼井文彦『Mid-Infrared Asteroid Survey with AKARI / 「あかり」衛星による小惑星の中間赤外線サーベイ』(論文)、東京大学 博士論文〈乙第17829号〉、2013年、153(p.1-178)。doi:10.15083/00007191)
  5. ^ a b c Tedesco, E. F.; Noah, P. V.; Noah, M.; Price, S. D. (October 2004). “IRAS Minor Planet Survey V6.0”. NASA Planetary Data System 12: IRAS-A-FPA-3-RDR-IMPS-V6.0. Bibcode2004PDSS...12.....T. https://sbnarchive.psi.edu/pds3/iras/IRAS_A_FPA_3_RDR_IMPS_V6_0/data/diamalb.tab 2019年10月22日閲覧。. 
  6. ^ a b c Masiero, Joseph R.; Mainzer, A. K.; Grav, T.; Bauer, J. M.; Cutri, R. M.; Nugent, C. et al. (November 2012). “Preliminary Analysis of WISE/NEOWISE 3-Band Cryogenic and Post-cryogenic Observations of Main Belt Asteroids”. The Astrophysical Journal Letters 759 (1): 5. arXiv:1209.5794. Bibcode2012ApJ...759L...8M. doi:10.1088/2041-8205/759/1/L8. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2012ApJ...759L...8M 2017年2月13日閲覧。. 
  7. ^ a b c Nugent, C. R.; Mainzer, A.; Masiero, J.; Bauer, J.; Cutri, R. M.; Grav, T. et al. (December 2015). “NEOWISE Reactivation Mission Year One: Preliminary Asteroid Diameters and Albedos”. The Astrophysical Journal 814 (2): 13. arXiv:1509.02522. Bibcode2015ApJ...814..117N. doi:10.1088/0004-637X/814/2/117. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2015ApJ...814..117N 2017年2月13日閲覧。. 
  8. ^ a b Behrend, Raoul. “Asteroids and comets rotation curves – (1203) Nanna”. Geneva Observatory. 2017年2月13日閲覧。
  9. ^ a b Warner, Brian D. (April 2011). “Upon Further Review: VI. An Examination of Previous Lightcurve Analysis from the Palmer Divide Observatory”. The Minor Planet Bulletin 38 (2): 96–101. Bibcode2011MPBu...38...96W. ISSN 1052-8091. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2011MPBu...38...96W 2017年2月13日閲覧。. 
  10. ^ Warner, Brian D. (January 2010). “Asteroid Lightcurve Analysis at the Palmer Divide Observatory: 2009 June-September”. The Minor Planet Bulletin 37 (1): 24–27. Bibcode2010MPBu...37...24W. ISSN 1052-8091. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2010MPBu...37...24W 2017年2月13日閲覧。. 
  11. ^ Veres, Peter; Jedicke, Robert; Fitzsimmons, Alan; Denneau, Larry; Granvik, Mikael; Bolin, Bryce et al. (November 2015). “Absolute magnitudes and slope parameters for 250,000 asteroids observed by Pan-STARRS PS1 - Preliminary results”. Icarus 261: 34–47. arXiv:1506.00762. Bibcode2015Icar..261...34V. doi:10.1016/j.icarus.2015.08.007. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2015Icar..261...34V 2017年2月13日閲覧。. 
  12. ^ a b 1203 Nanna (1931 TA)”. Minor Planet Center. 2017年2月13日閲覧。
  13. ^ a b c Schmadel, Lutz D. (2007). “(1203) Nanna”. Dictionary of Minor Planet Names – (1203) Nanna. Springer Berlin Heidelberg. pp. 100–101. doi:10.1007/978-3-540-29925-7_1204. ISBN 978-3-540-00238-3 

外部リンク[編集]