ナンダウンミャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナンダウンミャー
パガン王朝第8代王
在位 1211年8月18日 - 1235年7月19日
別号 ティロミンロー
オウサナー
全名 シュリー・トリバワナ・アーディトラ・パワラ・ダンマラージャ
出生 1175年2月4日
死去 1235年7月19日
子女 チャゾワー
王朝 パガン王朝
父親 ナラパティシードゥー
宗教 上座部仏教
テンプレートを表示

ナンダウンミャー1175年2月4日 - 1235年7月19日)は、ビルマパガン王朝の第8代国王(在位:1211年8月18日 - 1235年7月19日)。第7代国王ナラパティシードゥーの子。正式名称はシュリー・トリバワナ・アーディトラ・パワラ・ダンマラージャビルマ語による王統史にはティロミンロー(王になるように傘が望んだ者)の名前で記され、史料によってはオウサナーの名前でも表記される。

生涯[編集]

即位前の名前はゼヤテインカ。ナンダウンミャーの生母は低い身分の生まれだった。ナラパティシードゥーは病に罹ったときに彼の母から懸命な看病を受けて心を打たれ、末子のゼヤテインカ(ティロミンロ)を後継者に指名した[1]。彼の生母が、彼の王位継承を認めるように宮廷内の人間に懇願したことから、「ナンダウンミャー(王位に対する幾度の懇願)」と称せられた。

ナンダウンミャーは政治よりも仏事を好み、彼に代わって4人の兄たちが合議に基づいて政務を執った。ナンダウンミャーの在位中に行われた合議制の統治が、後のビルマの王朝に設置されたルットウ・ヨン(国務院。行政を司る議会)の元になり、ルットウ・ヨンはビルマがイギリスによって植民地化されるまで存続した[2]。彼の在位中に制定された法令は、「ナンダウンミャー王のピャトン」と呼ばれた。

また、彼の治世には寺院が所有する免税地の拡大に伴う、税収の減少が顕著になる[3]。減収の対策として、王子2名と大臣4名から構成される宗教用地調査委員会が設置された。

彼の治世に建立された仏教寺院としては、ブッダガヤの寺院を見本としたパガン郊外のマハボディ大菩提寺、パガン王朝最後の大寺院に数えられるティロミンロ寺院がある[4]

脚注[編集]

  1. ^ ハーヴェイ『ビルマ史』、89頁
  2. ^ ハーヴェイ『ビルマ史』、89-90頁
  3. ^ 伊東「イラワジ川の世界」『東南アジア史 1 大陸部』、128-129頁
  4. ^ ハーヴェイ『ビルマ史』、90頁

参考文献[編集]