ナミ (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナミ
出生名 キム・ミョンオク(김명옥
生誕 (1958-11-19) 1958年11月19日(58歳)
出身地 大韓民国の旗 韓国京畿道楊州郡伊淡面(現在の東豆川市
ジャンル ダンス・ミュージック
職業 歌手
活動期間 1967年 -

ナミ(羅美、나미1958年11月19日 - )は、韓国歌手。1980年から1990年代を風靡し、音楽とファッションで破格的アイコンとされて人気を博した。

経緯[編集]

アメリカ8軍でデビューし歌とダンスの実力で頭角を現し、1967年イ・ミジャの一代記を扱った映画「エレジーの女王」でイ・ミジャの子供役を演じる。1968年には、ユン・ボクヒの自伝的映画「ミニお嬢さん」でユン・ボクヒの子役として出演。

1971年から1978年には女性グループ「ハッピードールズ」のメンバーとして活動し、1978年にグループが解散したことでナミという芸名を使うことになった。 1979年に最初のアルバムを発表して本格的な活動を始め、ハスキーボイスを武器に「永遠の友達(영원한 친구)」、「悲しい縁(슬픈인연)」、「くるくる(빙글빙글)」などをヒットさせた。

2013年に17年ぶりに歌謡界に復帰した。[1]

ディスコグラフィ[編集]

  • 1979年 -「ナミとモスムアたち(나미와 머슴아들)」、「憎しみの情細かい情報미운정 고운정」、「永遠の友達(영원한 친구)」
  • 1980年 - 「私の愛だった(난 사랑했어요)」、「好き(좋아해)」
  • 1981年 - 「国際線待合室(국제선 대합실)」、「いつまでも언제까지나)」
  • 1982年 - 「最後の挨拶(마지막 인사)」、「信じられないない(이럴수가 없어요)」、「行くさま(가는님)」
  • 1983年 - 「待ち時間は遠く​​と(기다림은 멀어라)」、「白い雲(흰구름)」
  • 1984年 - 「くるくる(빙글빙글)」、「アリラン乙女(아리랑 처녀)」
  • 1985年 - 「誘惑しないでね(유혹하지 말아요)」「見えるわ(유혹하지 말아요)」「悲しい縁(슬픈인연)」
  • 1986年 - 「知らないふりをしますね(모른척하네요)」、「私は好きでした(난 사랑했어요)」

脚注[編集]

  1. ^ 女性歌手ナミ、17年ぶりに新曲発表