ナポリ通過線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナポリ通過線
基本情報
イタリアの旗 イタリア
起点 ヴィッラ・リテルノ
終点 ナポリ
開業 1925年9月20日
所有者 RFI
運営者 トレニタリア
路線諸元
軌間 1,435 mm
電化方式 直流3000V
テンプレートを表示

ナポリ通過線 (passante ferroviario di Napoli) は、ヴィッラ・リテルノローマ方面路線からとナポリ・ジャントゥルコ駅サレルノ方面とを複線で繋ぐ路線である。 この通過線はナポリ地下鉄、州内鉄道、州間鉄道、国内鉄道に利用されている。

歴史[編集]

ナポリ - ローマ間ディレッティッシマ線の建設とともに、貨物列車の利用のないサレルノ方面ローマ方面を直結する地上と地下からなる通過路線の建設が決まった。 さらに通過線にはいくつかの鉄道駅が、すでに何度か計画され完成しないでいた地下鉄線の駅として造られる事が決まった。

1909年に作業が開始されたにもかかわらず、開業は1925年9月20日となったが、その原因は以下の問題によるものである。まず、第一次世界大戦により作業のできなかった時期があった。そして通過する土地の形状の特徴であった。 開業当初の通過線は「ポッツオーリ」、「ジュリアーノ」(駅はジュリアーノ=クアリアーノと呼ばれる)、「クアルト」(駅はクアルト・ディ・マラーノと呼ばれる)の郊外3駅と市内の「ナポリ・ガリバルディ、カヴール、モンテサント、アメデーオ、キアイア、フオリグロッタ」の6駅からなり、全線が複線化され第三軌条集電だった。

1927年にはキアイア駅とフオリグロッタ駅は、それぞれナポリ・メルジェッリーナナポリ・カンピ・フレグレイに改名し、同じ年にはディレッティッシマの作業が完了しヴィッラ・リテルノの付近で通過線に接続するとともにナポリ・バニョーリ=アニャーノ・テルメナポリ・ジャントゥルコの両駅が開業した。1929年にはナポリ・ピアッツァ・レオパルディ駅が開業した。

その後、電化方式が架線集電式に変更され新駅ナポリ・カヴァッレッジェーリ・ダオスタの開業とナポリ・ピアッツァ・ガリバルディ駅の改装を行った。

現在、通過線はジャントゥルコからポッツオーリまでの区間をナポリ地下鉄Linea 2として使用している。さらにすべての駅にはカステッランマーレ・ディ・スタービア行きの都市列車やフォルミアサレルノの各駅行きの州内列車が停車する。またナポリ・ピアッツァ・ガリバルディ駅、ナポリ・メルジェッリーナ駅、ナポリ・カンピフレグレイ駅にはインターシティユーロスターも停車する。

駅や停車場[編集]

BSicon STR.svg ローマ行き路線
BSicon BHF.svg ヴィッラ・リテルノ
BSicon ABZgl.svg ナポリ行き路線
BSicon HST.svg ジュリアーノ=クアリアーノ
BSicon HST.svg クアルト・ディ・マラーノ
BSicon S+BHF.svg ポッツオーリ・ソルファターラ
BSicon SHST.svg ナポリ・バニョーリ=アニャーノ・テルメ
BSicon SHST.svg ナポリ・カヴァッレッジェーリ・ダオスタ
BSicon S+BHF.svg ナポリ・カンピ・フレグレイ
BSicon SHST.svg ナポリ・ピアッツァ・レオパルディ
BSicon TUNNEL2.svg
BSicon S+BHF.svg ナポリ・メルジェッリーナ
BSicon tSTRa.svg
BSicon tSHST.svg ナポリ・ピアッツァ・アメデーオ
BSicon tSHST.svg ナポリ・モンテサント
BSicon tSHST.svg ナポリ・ピアッツァ・カヴール
BSicon tS+BHF.svg ナポリ・ピアッツァ・ガリバルディ
BSicon tSTRe.svg
BSicon ABZgl.svg サレルノ行き路線
BSicon SBHF.svg ナポリ・ジャントゥルコ
BSicon STR.svg サレルノ行き路線


関連項目[編集]