ナターリア・カスペルスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナターリヤ・カスペルスカヤ
生誕 1966年2月5日(48歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア共和国モスクワ
国籍 ロシアの旗 ロシア
職業 実業家
配偶者 ユージン・カスペルスキー(離婚)
テンプレートを表示

ナターリア・カスペルスキー英語: Natalya Kaspersky1966年2月5日 - )はロシアのコンピュータセキュリティ会社、カスペルスキー・ラボ取締役会会長[1]。正式なロシア語名はナターリヤ・イヴァーノヴナ・カスペルスカヤロシア語: Наталья Ивановна Касперскаяラテン文字表記: Natalya Ivanovna Kasperskaya)。

経歴・人物[編集]

モスクワ出身[2]。1989年にモスクワ電気工業大学 (en, ru) を卒業し、応用数学の学位を取得[1]。卒業後、中央科学設計所に研究助手として勤める[1]

1994年からKAMI情報技術センターで働き始め、そこでアンチウイルスプロジェクトAVPの経営に携わる。1997年にカスペルスキー・ラボを共同設立し、2000年にAVPはKaspersky Anti-Virusと改称された[1]。2006年10月時点で、同社CEOで前夫でもあるユージン・カスペルスキーとともに会社の約80%を所有している[3]。カスペルスキー・ラボのCEOを務めたが、2007年にユージンがCEOに就任し、ナターリアは取締役会会長に選任された[4]

彼女は世界中のビジネス開発セミナーやカンファレンスに定期的に参加している。一男一女の母でもある。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d Kaspersky Lab US Executive Team”. Kaspersky Lab. 2010年2月10日閲覧。 “Natalya Kaspersky graduated from the Moscow Institute of Electronic Engineering in 1989 with a degree in applied mathematics. After graduation she worked as a research assistant at the Central Scientific Design Office. In 1994 Natalya started working at KAMI Information Technologies Center where she was involved in managing an antivirus project, AVP, which in 2000 was renamed Kaspersky Anti-Virus. Natalya is now CEO of Kaspersky Labs. Today she is a respected figure in the Russian information technology industry and participates regularly in business development seminars and conferences throughout the world.
  2. ^ Ilya (2007年1月26日). “KL story : Natalia Kaspersky”. Kaspersky Fan Club. 2010年2月10日閲覧。
  3. ^ Wendlandt, Astrid (2006年10月6日). “Microsoft - caught between EU and US anti-virus firms”. IOL Technology. http://www.ioltechnology.co.za/article_page.php?iSectionId=2885&iArticleId=3479432 2010年2月10日閲覧。 
  4. ^ Jewett, Jennifer (2007年8月9日). “Kaspersky Lab Establishes New International Board of Directors”. TMCnet. http://www.tmcnet.com/usubmit/2007/08/09/2850467.htm 2010年2月10日閲覧。