ナターシャ・ラゴシーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナターシャ・ラゴシーナ
RagozinaNatalia2.JPG
基本情報
本名 Natalja Jurjewna Ragosina
通称 The Russian Tsarina
Miss Sledgehammer
階級 スーパーミドル級
身長 181cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 (1976-04-05) 1976年4月5日(40歳)
出身地 カザフスタンの旗 カザフスタン(当時ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
カラガンダ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 22
KO勝ち 13
テンプレートを表示

ナターシャ・ラゴシーナNatascha Ragosina、女性、1976年4月5日 - )はカザフスタンカラガンダ出身のロシア国籍の[1]プロボクサーである。ドイツを拠点として活動していた[1]

来歴[編集]

キックボクサーとして4年間以上活動後、1999年にアマチュアボクシングに転向。ミドル級とウェルター級で欧州王者となる。

2004年7月17日、プロデビューをKOで飾る。

12月11日、後のWBCミドル級王者イボンヌ・レイズとのWIBFインターコンチネンタルスーパーミドル級王座決定戦でTKOを収め王座獲得。

2005年10月29日、Monica MwakasangaとのWIBFスーパーミドル級王座決定戦をKOで制し初の世界タイトル獲得。

2006年4月15日、GBU女子王座獲得。

2007年2月17日WBA女子初代スーパーミドル級王座を獲得。

9月8日レイラ・アリが返上し空位となったWIBA王座を獲得。

12月15日、同じくWBC女子王座を獲得。

2008年3月15日IWBF、WIBC王座獲得。スーパーミドル級7冠達成。

2009年7月3日、ドイツでローラ・ラムジーを判定で退け防衛成功。

12月19日ヘビー級に上げて母国・ロシアでパメラ・ロンドンとWIBF王座を争い、8RKOで退け2階級制覇を達成した。この試合は約30kgもの体重差があった(ラゴシーナ172ポンド、ロンドン237ポンド)。

この試合を最後に引退。

シングルマザーである[2]

戦績[編集]

  • プロ:22戦22勝(13KO)

獲得タイトル[編集]

  • WIBFインターコンチネンタルスーパーミドル級
  • WIBF世界スーパーミドル級
  • GBU女子世界スーパーミドル級
  • WBA女子世界スーパーミドル級
  • WIBA世界スーパーミドル級
  • WBC女子世界スーパーミドル級
  • IWBF世界スーパーミドル級
  • WIBC世界スーパーミドル級
  • WIBF世界ヘビー級

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ジャッキー・フレージャー・ライド
第2代WIBF世界スーパーミドル級王者

2005年10月29日 - 2009年

空位
WBA女子は2007年創設 初代WBA女子世界スーパーミドル級王者

2007年2月17日 - 2012年

空位
前王者
レイラ・アリ
第3代WIBA世界スーパーミドル級王者

2007年9月8日 - 2010年

次王者
N/A
前王者
レイラ・アリ
第2代WBC女子世界スーパーミドル級王者

2007年12月15日 - 2010年

空位
次タイトル獲得者
ニッキ・アドラー
前王者
レイラ・アリ
第3代IWBF世界スーパーミドル級王者

2008年3月15日 - 2010年

次王者
N/A
空位
前タイトル保持者
マーサ・サラザー
第2代WIBF世界ヘビー級王者

2009年12月19日 - 2010年

N/A