マーサ・サラザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーサ・サラザー
基本情報
本名 マーサ・エレナ・サラザー
Martha Elena Salazar
通称 ザ・シャドー
The Shadow
階級 ヘビー級
身長 175cm
リーチ 175cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1970-02-02) 1970年2月2日(48歳)
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 17
勝ち 13
KO勝ち 3
敗け 4
テンプレートを表示

マーサ・エレナ・サラザーMartha Elena Salazar1970年2月2日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーである。ニックネームはザ・シャドー(The Shadow)。メキシコハリスコ州オコトラン生まれ[1]カリフォルニア州サンフランシスコ出身。ヒスパニック系では史上3人目、女子では2人目となるヘビー級世界王者である。

来歴[編集]

2001年3月25日、カリフォルニア州ヘイワードにてデビューし、デニス・キャラハンを判定で破る。

2003年3月1日、6戦目で初めてラスベガスのリングに上がるが、ヴォンダ・ウォードに1-2で敗れる。

5月24日、再起戦で初のKO勝利。

2003年6月11日、オハイオ州カントンにて初の世界挑戦としてウォードと再戦、しかし判定負け[2]

2004年3月18日、マーシャ・バレーに敗れ初の連敗。

10月16日、バレーとのダイレクトリマッチでWBE女子世界スーパーヘビー級王座が懸けられ、判定で初タイトル獲得となった。

2004年11月28日は、初の国外としてガイアナパメラ・ロンドンを9回TKOで降しWIBF世界ヘビー級王座を奪取。

2007年2月10日、ヴォンダ・ウォードと3度目の対戦。この試合には新設されたWBC女子世界ヘビー級王座も懸けられたが、0-2の判定で敗れる。この試合を最後に一度引退。

2013年4月13日、6年ぶりの現役復帰戦としてSonya Lamonakisと対戦し判定勝利。

2014年11月8日、ウォード引退後空位となっていたWBC王座をTanzee Danielと争い、判定で勝利し王座獲得[3]

戦績[編集]

  • 17戦13勝3KO4敗

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Del bullying al campeonato mundial” (スペイン語). ESPN (2014年11月11日). 2014年12月3日閲覧。
  2. ^ Manning, Fiona (2003年7月25日). “Martha Salazar: "I Will Be The Next Heavyweight Champion of the World!"” (英語). La Prensa. 2010年9月11日閲覧。
  3. ^ Mayfield, Salazar roll to hometown glory” (英語). SFBay.ca (2014年11月9日). 2014年12月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ヴォンダ・ウォード
第2代WBC女子世界ヘビー級王者

2014年11月8日 - 現在

次王者
N/A