ドン・マノキャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドン・マノキャン
プロフィール
リングネーム ドン・マノキャン
ダン・マノキャン
本名 ドナルド・J・マノキャン
ニックネーム 弾丸野郎
身長 175cm
体重 110kg(全盛時)
誕生日 1934年6月9日
死亡日 (2014-09-23) 2014年9月23日(80歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州
マーセド郡マーセド
スポーツ歴 アメリカンフットボール
デビュー 1958年
引退 1967年
テンプレートを表示

ドン・マノキャンDon Manoukian、本名:Donald J. Manoukian1934年6月9日 - 2014年9月23日[1])は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州マーセド出身。

来歴[編集]

スタンフォード大学を経てプロのフットボール選手となり、1960年にはアメリカン・フットボール・リーグオークランド・レイダーズに1シーズン所属[2]。フットボールのオフシーズンを利用して、1958年からプロレスのリングにも上がっていたが、レイダーズ退団後の1961年よりプロレスラーとしての活動に専念し、地元カリフォルニアロサンゼルスサンフランシスコなどの太平洋岸を主戦場に各地で活躍[3]

1961年1月20日、テキサス州ヒューストンにてサイクロン・ネグロを破りNWAテキサス・ヘビー級王座を獲得[4]。ロサンゼルスのWWAでは1962年12月19日にザ・デストロイヤーと組み、ヘイスタック・カルホーン&エイブ・ジェイコブズ(アベ・ヤコブ)からインターナショナルTVタッグ王座を奪取[5]1964年8月8日には太平洋岸北西部ワシントン州シアトルにてパンピロ・フィルポを破り、NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を獲得した[6]。同年11月には本拠地のサンフランシスコにてレイ・スティーブンスをパートナーに、ホセ・ロザリオ&ペッパー・ゴメスからアメリカン・レスリング・アライアンス認定の世界タッグ王座を奪取している[7]

日本へは1961年8月から11月にかけて日本プロレスに初参戦。11月9日に名古屋市金山体育館にて、力道山&豊登が保持していたアジアタッグ王座ゼブラ・キッドと組んで挑戦した[8]。1964年の再来日では、前年12月の力道山の死去により空位となっていたアジアタッグ王座の新王者チーム決定戦にプリンス・イヤウケアと組んで出場、2月20日に同じく金山体育館にて豊登&吉村道明と王座を争ったが、戴冠は果たせなかった[9]。翌1965年の最後の来日時には、フレッド・ブラッシースウィート・ダディ・シキルーク・グラハムらと共に、ワールドリーグ戦の第7回大会に出場。4月20日の大阪府立体育館でのジャイアント馬場との公式戦では時間切れ引き分けに持ち込み、外国人陣営ではシキと並んでブラッシーに次ぐ2位の戦績を残した[10]

1967年に現役を引退[3]2014年9月23日ネバダ州リノの病院にて80歳で死去[1]

獲得タイトル[編集]

サウスウエスト・スポーツ・インク
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回[4]
  • NWAテキサス・タッグ王座:1回(w / トニー・ボーン)[11]
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:1回[6]
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:2回(w / クルト・フォン・ポッペンハイム、シャグ・トーマス)[12]
ワールド・レスリング・アソシエーション(ロサンゼルス)
アメリカン・レスリング・アライアンス

脚注[編集]

  1. ^ a b 力道山と対決 ドン・マノキャンさん死去”. 日刊スポーツ(2014年9月26日). 2015年8月23日閲覧。
  2. ^ Don Manoukian”. NFL.com. 2015年8月23日閲覧。
  3. ^ a b Manoukian shunned football for 'rasslin”. SLAM! Sports. 2015年8月23日閲覧。
  4. ^ a b NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年8月23日閲覧。
  5. ^ a b WWA International Television Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年8月23日閲覧。
  6. ^ a b NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年8月23日閲覧。
  7. ^ a b World Tag Team Title [San Francisco 1960s - 1970s]”. Wrestling-Titles.com. 2015年8月23日閲覧。
  8. ^ 日本プロレス史104 力道山と豊登”. プロレス爆裂地帯!!. 2015年8月23日閲覧。
  9. ^ JWA 1964 International Competitions of the Spring”. Puroresu.com. 2015年8月23日閲覧。
  10. ^ JWA 1965 The 7th Annual World Big League”. Puroresu.com. 2015年8月23日閲覧。
  11. ^ NWA Texas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年8月23日閲覧。
  12. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]