ドングリFM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドングリFM
ジャンル トーク
放送方式 ライブストリーミング/録音(ポッドキャスト)
放送期間 2015年9月17日〜
放送時間 週3回程度
放送回数 684回 (2021年2月3日時点)
パーソナリティ narumi,なつめぐ
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

『ドングリFM』(ドングリエフエム)は、2015年9月から配信されているポッドキャスト番組。出演は、Web編集者のnarumiとブロガーのなつめぐの2人。

日常に役立つ面白ネタなど、みんなにオススメの内容になっています。[1] キャッチフレーズは「つまらなくておもしろい」[2]

番組公式としてTwitterのハッシュタグ #dongurifm の利用を推奨している。各種ポッドキャストには”楽しいラジオ「ドングリFM」”として登録されている。

概要[編集]

トークの内容はネットの最新事情からお互いの仕事論、コンビニごはんに面白いマンガの話まで幅広く、リスナーも世代を選ばず愛されて[3]おり、なにも考えずにラフに聞ける内容[4]である。

番組設立のきっかけは、Rebuild.fmを愛聴していたなつめぐがポッドキャストを始めようと機材を買い集めていた時期に、キャリアハックのインタビュー記事[5]でnarumiが「声がいいので、Podcastをやってみたい」と言っているのを見てnarumiに連絡したこと。

その際「番組の雰囲気としてこんなかんじのをやりたい」と、なつめぐからnarumiへRebuild.fmのリンクを送ったことが第676回で明かされている。[6]

二人は当時、仕事で何度か接点があった程度の関係だった。


特徴[編集]

後述の「裏ドングリ」会員向けにライブストリーミングを行っており、その中でエピソードを収録しSoundcloud等で無料配信されている。

リスナーの反応をYouTubeからリアルタイムで受け取って紹介することもある。

配信プラットフォーム[編集]

  • SoundCloud [1]
  • iTunes(iPhoneだとポッドキャストアプリ) [2]
  • RadioTalk [3]
  • Voicy [4]
  • Amazon Music [5]
  • Spotify [6]
  • note [7]
  • YouTube [8]

会員制リスナーコミュニティ「裏ドングリ」[編集]

会員限定の公開収録イベントが開催されたり、リスナー同士の交流の場となっており、キャンプファイヤーの専用サイトから加入することを推奨している[7]

出演者[編集]

主なゲスト出演者[編集]

941(ブロガー)
櫛井優介 LINE株式会社のCulture Evangelist/技術広報。個人ではブロガーとして「941::blog」を運営する。MCのnarumiがライブドアに入社したりブログを書くきっかけになった人物であるとゲスト回で明かされている。裏ドングリではコミュニティマネージャー的な存在であると同コミュニティメンバーから言われている。[8]

ゲスト回[編集]

エピソード ゲスト
第41回~45回,第263~264回 伊藤春香(はあちゅう、ブロガー/作家)
第63回~66回 ARuFa(Webライター/ブロガー/音楽家)
第108~110回 りょかち
第139~140回 佐藤ねじ(プランナー/アートディレクター)
第185回~188回 けんすう(実業家)
第208回~210回 東京カリ〜番長(カレー研究家)
第236回~239回,第249回,第488〜490回,第495回 941(ブロガー)
第244~245回 井上佳央里(Radiotalk代表)
第270回~274回 Hagex(ブロガー/ネットウォッチャー)
第275回~277回 紫原明子(エッセイスト)
第290回~293回 shin5(作家/漫画原作者)
第294回~296回 緒方憲太郎(Voicy代表)
第413回~415回 pato(ライター)
第419回~421回,第425〜426回 古田大輔(BuzzFeed元編集長)
第452回~454回,第466回 竹村俊介(編集者)
第557回 小関悠(ショートショート書き)
第572回 朽木誠一郎(デジタルディレクター/ライター/編集者)
第592回 カツセマサヒコ(小説家)
第648回 荒木博行(株式会社学びデザイン代表取締役社長)
第656回 岸田奈美(作家)
第676回 宮川達彦(Rebuild.fm MC)
第691回 西村 賢(Coral Capital パートナー兼編集長)

代表的なエピソード[編集]

第571回「眠れない夜に聴くポッドキャスト」 narumiさんが持ち前の良い声で、30分間ただひたすらに羊を数え続けるという狂気じみたエピソード[9]


第676回では、番組を始めた最初のモチベーションでありポッドキャスト界の先駆者である宮川達彦氏をゲストに迎えられたことがちょっとした到達点であり「ドングリFM第一部 完」であるとMCの二人が語った。[10]


出典[編集]

  1. ^ ドングリFM公式サイト”. ドングリFM公式サイト. 2021年2月15日閲覧。
  2. ^ 「そして嬉しいことに、前に番組の中でもお話したアプリマーケティング研究所 (@appmarkelabo) さんがドングリFMの“ファンアート”をつくってくれました。研究所さんといえばあのイラスト! 「つまらなくておもしろい」は言い得て妙というか、まさにそんな感じなのでキャッチフレーズにしていきたい。”. Twitter. 2021年2月15日閲覧。
  3. ^ あの人気ポッドキャスト、donguri.fmのふたりに聞く「音声メディアで伝える楽しさ」”. 2021年3月1日閲覧。
  4. ^ 情報収集からエンタメまで、今聴くべきおすすめの音声コンテンツ - Engadget 日本版”. 2021年3月2日閲覧。
  5. ^ 「ちょっとずつ、違う人間になりたい」@narumiこと鳴海淳義さんに聞きたいこと”. キャリアハック. 2021年2月15日閲覧。
  6. ^ 676: One-Day Outing From Rebuild(Tatsuhiko Miyagawa) by donguri.fm”. SoundCloud. 2021年2月15日閲覧。
  7. ^ 「参加はこちらから。よかったら覗いてみてください。 裏ドングリFM - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)”. Twitter. 2021年2月15日閲覧。
  8. ^ [裏ドングリにはミュウが住んでいる話 裏ドングリにはミュウが住んでいる話|かずかず|note]”. note. 2021年2月15日閲覧。
  9. ^ 耳から情報収集を♡エディターおすすめのポッドキャスト番組7選”. Cosmopolitan. 2021年3月2日閲覧。
  10. ^ 676: One-Day Outing From Rebuild(Tatsuhiko Miyagawa) by donguri.fm”. SoundCloud. 2021年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]