ドストゥク駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドルジバ駅から転送)
移動先: 案内検索

ドストゥク駅(ドストゥクえき カザフ語: Достық стансасы)またはドスティク駅とは、カザフスタンにあるカザフスタン鉄道であり、駅名のドストゥクとはカザフ語で「友好」という意味である。

ソ連時代の旧称はドルジバ駅ロシア語: Дружба )といい、ロシア語で友好という意味である。

概要[編集]

1954年アクトガイから延びてきた線路は、中華人民共和国との国境付近に到達。終着駅としてドルジバ駅が設置された。ドルジバ以降の線路の建設も計画されていたが、中ソ対立が深刻化したため中断。中国側の阿拉山口駅北疆線)との連絡線が完成したのは、1990年に入ってからである。中国(標準軌)とカザフスタン(広軌)の間では軌間が異なるため、中国から来た列車はドルジバ駅で貨物の積み替え作業(台車の交換ではない)が行われる。カザフスタン側の貨車の多くは、ソ連時代に作られたバラ積みの貨車であること、また構内の機材が不足していたことから、1997年、日本の国際協力機構によりフォークリフト18台などが供与されている[1]

隣の駅[編集]

カザフスタン鉄道
中国国鉄連絡線
ドストゥク駅 - 阿拉山口駅

脚注[編集]

  1. ^ 『JICA's World December2010』p13.(独)国際協力機構

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯45度15分10秒 東経82度29分12秒 / 北緯45.25281度 東経82.4867度 / 45.25281; 82.4867