ドミニック・ルクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドミニック・ルクール(Dominique Lecourt, 1944年2月5日 - )は、フランス哲学者パリ第七大学教授。専門は科学哲学科学史パリで生まれ、1965年高等師範学校卒業、1966年に哲学の教授資格取得、1980年に文学博士取得。1989年にパリ第七大学教授物理学部教授に就任後、1986年から1988年まで国立通信教育センターの所長を務めるなど幅広く活躍。フランス流科学哲学(エピステモロジー)の嫡流をくむ人物。レジオンドヌール勲章シュヴェリエ章受章。彼が監修した Dictionnaire d’histoire et philosophie des sciences, sous la direction de D. Lecourt (1999, 4e réed. Quadrige/PUF, Paris, 2006年)は定評がある。

ドミニック・ルクール(Kasia Kozinski撮影、2015年)

日本語訳書[編集]

参考文献[編集]

  • 『科学哲学』(沢崎他、2005年)の訳者解説