ドッダ・デーヴァ・ラージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドッダ・デーヴァ・ラージャ
Dodda Deva Raja
マイソール王
在位 1659年 - 1673年
戴冠 1659年8月19日
別号 ラージャ

全名 ドッダ・ケンパ・デーヴァ・ラージャ
出生 1627年5月25日
死去 1673年2月11日
シュリーランガパトナ
子女 チッカ・デーヴァ・ラージャ
王朝 オデヤ朝
父親 デーヴァ・ラージェーンドラ
ナラサー・ラージャ1世の叔父)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ドッダ・デーヴァ・ラージャ(Dodda Deva Raja, 1627年5月25日 - 1673年2月11日)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位:1659年 - 1673年)。

生涯[編集]

1638年、ドッダ・デーヴァ・ラージャは従兄弟のナラサー・ラージャ1世の即位にあたり、父ともにヘングル城に幽閉された[1]

1659年7月28日、病床のナラサー・ラージャ1世により後継者に指名され、7月31日にその死とともに王位を継承した[2]

ドッダ・デーヴァ・ラージャは即位後、1659年にはカンダハルベッラヴァッタ1660年にはジンナガルアムリトゥールをそれぞれ征服した[3]

さらに、1663年にはハッサンサッカレパッタナを攻略し、ビダヌールを首都とするケラディ・ナーヤカ朝に対しては貢納を命じた。

1673年2月11日、ドッダ・デーヴァ・ラージャは死亡し、甥のチッカ・デーヴァ・ラージャが王位を継承した[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Mysore 3
  2. ^ Mysore 3
  3. ^ Mysore 3
  4. ^ Mysore 3

関連項目[編集]