チャーマ・ラージャ7世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャーマ・ラージャ7世
Chama Raja VII
マイソール王
在位 1732年 - 1734年
戴冠式 1732年3月19日
別号 ラージャ

出生 1704年
死去 1734年
カバラドゥルガ
王朝 オデヤ朝
父親 クリシュナ・ラージャ1世(養父)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

チャーマ・ラージャ7世(Chama Raja VII, 1704年 - 1734年)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位:1732年 - 1734年)。

生涯[編集]

1732年、マイソール王クリシュナ・ラージャ1世の死の間際、一族であるチャーマ・ラージャ7世がその妃の養子となり、3月5日に同王が死ぬとその王位を継承した[1]

しかし、1734年6月10日、チャーマ・ラージャ7世はダラヴァーイーらにより廃位され、妃ともにカバラドゥルガへと幽閉されたのち、同年のうちに獄死した[2]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Mysore 3
  2. ^ Mysore 3

関連項目[編集]