チッカ・デーヴァ・ラージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チッカ・デーヴァ・ラージャ
Chikka Deva Raja
マイソール王
Chikkadevaraja.jpg
チッカ・デーヴァ・ラージャ
在位 1673年 - 1704年
戴冠 1673年2月28日
別号 ラージャ
出生 1645年9月22日
死去 1704年11月16日
シュリーランガパトナ
子女 ナラサー・ラージャ2世
王朝 オデヤ朝
父親 ドッダ・デーヴァ・ラージャ
ドッダ・デーヴァ・ラージャの兄)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

チッカ・デーヴァ・ラージャ(Chikka Deva Raja, 1645年9月22日 - 1704年11月16日)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位:1673年 - 1704年)。

その治世、マイソール王国はムガル帝国に臣従し、王国の領土は拡大され、バンガロールを封土として与えられた。また、王国を台頭していたマラーターの脅威から守り抜いたことから、マイソール王国の最も偉大な王とされる。

生涯[編集]

1673年2月11日、マイソール王ドッダ・デーヴァ・ラージャが死亡し、甥であるチッカ・デーヴァ・ラージャが王となった[1]

さて、それまでマイソール王国は在地の連合政権の性格を見せていたが、チッカ・デーヴァ・ラージャは王国の中央集権化を行った。これにより、王国はようやく威信を取り戻し、軍を増強して各地を征服した。

だが、同時にデカンマラーター王国が台頭すると、その君主サンバージーと対立するようになった。チッカ・デーヴァ・ラージャはこれに対抗したが、1682年にはサンバージーはカルナータカ地方に侵攻してきた。

これ以降、マラーター勢力が本格的に侵入してくるようになると、チッカ・デーヴァ・ラージャは当時デカン戦争でサンバージーと戦っていたムガル帝国の皇帝アウラングゼーブに忠誠を誓った。

その後、マイソール王国は積極的に帝国軍に協力したため、1687年に帝国がタンジャーヴール・マラーター王国からバンガロールを奪った際、同地を封土として与えられた[2]。だが、同年7月10日にチッカ・デーヴァ・ラージャはタンジャーヴール・マラーター王国に対し、このバンガロールの領土の対価として30万ルピーを支払い、同地を購入する形をとった(同月29日にはマイソールの旗を掲げた)[3][4]

1689年、マイソール軍はマラーター軍に味方するマドゥライ・ナーヤカ朝とその摂政であるマンガンマールに攻撃をかけ、その首都ティルチラーパッリを包囲した[5]

1700年、アウラングゼーブはチッカ・デーヴァ・ラージャの功績から、ラージャ・ジャガデーヴ(Raja Jagadev)の称号とカルナータカの支配者としての地位を認めた[6]。また、ラージャ・ジャガデーヴの紋章とフィランギーも賜った[7]

1704年11月16日、チッカ・デーヴァ・ラージャは死亡し、息子のナラサー・ラージャ2世が王位を継承した[8]。その死までにマイソール王国の領土は広域なものとなり、のち18世紀後半にハイダル・アリーティプー・スルターンによってさらに広大な領土が確保された。

ギャラリー[編集]

マイソール王国の版図(1704年、チッカ・デーヴァ・ラージャの治世末) 
 
ハイダル・アリーの支配下における版図(1780年) 

脚注[編集]

  1. ^ Mysore 3
  2. ^ 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p171
  3. ^ Mysore 3
  4. ^ Imperial Gazetteer of India: Provincial Series, 20-21
  5. ^ Imperial Gazetteer of India: Provincial Series, p.20-21
  6. ^ Mysore 3
  7. ^ Subrahmanyam, p213
  8. ^ Mysore 3

参考文献[編集]

関連項目[編集]