ナンジャ・ラージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナンジャ・ラージャ
Nanja Raja
マイソール王
在位 1766年 - 1770年
戴冠式 1770年5月6日
別号 ラージャ

全名 ナンジャ・ダラヴァーイー・ラージャ
出生 1748年
死去 1770年8月2日
シュリーランガパトナ
王朝 オデヤ朝
父親 クリシュナ・ラージャ2世
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ナンジャ・ラージャ(Nanja Raja, 1748年 - 1770年8月2日)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位:1766年 - 1770年)。

生涯[編集]

1766年4月25日、父クリシュナ・ラージャ2世が死亡したことにより、ナンジャ・ラージャが王位を継承した[1]

しかし、 サルヴァーディカーリー(首席大臣)のハイダル・アリーが父の治世末期より全権を握っており、その統治は名ばかりであった[2]

また、1767年から1769年にかけて、ハイダル・アリーはタミル地方に侵攻し、イギリス と3年にわたる戦争を行った(第一次マイソール戦争)。

1770年8月2日、ナンジャ・ラージャはハイダル・アリーの命によって送られた毒入りの牛乳を飲み、シュリーランガパトナの宮殿で死亡した[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Mysore 3
  2. ^ Mysore 3
  3. ^ Mysore 3

関連項目[編集]