ドク・ホリデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドク・ホリデイ

ドク・ホリデイ(ドック・ホリデー)(正式名 ジョン・ヘンリー・ホリデイ John Henry Holliday、1851年9月14日 - 1887年11月8日)は、アメリカ開拓時代のガンマン、ギャンブラー。歯学博士の称号を持っていたため、"ドク"と呼ばれた。

ジョージア州グリフィン市出身。1872年、ペンシルベニア歯科大学で歯科医師(D.D.S.)資格取得。アトランタ市で歯科医院を開業。しかし、まもなく肺結核にかかり、余命数ヶ月を宣告される。

結核をできるだけ悪化させないようにと、より乾燥した西部へと移住を決意。テキサス州ダラスに滞在するが、ここで手っ取り早い収入源のギャンブルに目覚める。また、口論から殺人を犯し、テキサス州ジャックスボロに移動。これ以降南部諸州をさまよい、多くの殺人を犯すことになった。カッとなりやすい性格と、一度は死を宣告された経歴が原因ともいわれる。OK牧場の決闘ワイアット・アープに味方してクラントン一家と撃ち合った。

早撃ちをする為に銃の照準や角などを削り落とし、引き金を安全金に縛り付けていた事で有名。

最後は酒におぼれ、コロラド州グレンウッド・スプリングスにて肺結核で死亡した。医師に余命を宣告されて15年後であった。

ドク・ホリデイを描いた映像作品[編集]