デッドウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デッドウッド
Deadwood
現代のデッドウッド
現代のデッドウッド
位置
デッドウッドとローレンス郡の位置の位置図
デッドウッドとローレンス郡の位置
座標 : 北緯44度22分36秒 東経103度43分45秒 / 北緯44.37667度 東経103.72917度 / 44.37667; 103.72917
歴史
設立 1876年
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  サウスダコタ州
  ローレンス郡
 市 デッドウッド
市長 チャック・タービビル[1]
地理
面積  
  市域 9.92 km2
    陸上   9.92 km2
    水面   0 km2
標高 1,381 m
人口
人口 (2010年現在)
  市域 1,270人
    人口密度   128.0人/km2
その他
等時帯 中部標準時 (UTC-7)
夏時間 中部夏時間 (UTC-6)
郵便番号 57732
公式ウェブサイト : http://www.deadwood.com/
ワイルド・ビル・ヒコックが殺害された、Nuttal & Mann'sサルーン(サルーンNO.10)があったとされる場所。
1890年代のデッドウッド
1876年のデッドウッド
1878年のジェムシアター

デッドウッドラコタ語:Owáyasuta(物事に賛成する、証明するという意味)[2]) は、アメリカ合衆国サウスダコタ州西部の都市であり、ローレンス郡郡庁所在地である。名前は、その峡谷英語版に見られる枯倒木英語版に由来する[3]2010年国勢調査英語版における人口は1,270人。市内には、アメリカ合衆国国定歴史建造物地区デッドウッド歴史地区英語版がある。

歴史[編集]

19世紀[編集]

デッドウッドは、1868年の第二次フォート・ララミー条約英語版インディアンに認められた保留地であったが、1870年代になると不法入植が始まった。条約はブラックヒルズの所有をラコタ族に保証していたが、ブラックヒルズに関する争いは続き、何度も合衆国最高裁判所に持ち込まれていた。そうした中、1874年にジョージ・アームストロング・カスター中佐が遠征隊を率いてブラックヒルズに侵入し、現在のサウスダコタ州カスター英語版付近のフレンチクリークで金を発見し発表した。カスターの発表はブラックヒルズ・ゴールドラッシュ英語版を引き起こし、違法に誕生した街、デッドウッドの人口は、たちまち約5,000人となった。

1876年初め、開拓者のチャーリー・アター英語版と兄弟のスティーブは、需要を期待した商品を積んだ幌馬車隊英語版を率いて、デッドウッドにやって来た。幌馬車隊は、確実な儲けをもたらすギャンブラーと売春婦も連れていた。女の需要は強く、売春には良い稼ぎ場であった。マダム・ドーラ・デュフラン英語版は、デッドウッドで最も稼いだ売春宿の女主人となり、マダム・モリー・ジョンソン英語版が彼女に続いた。同年9月には、トム・ミラーが、ベラ・ユニオン・サルーン英語版を開店した。

1894年のBullock-Clark Buildingの写真を元に作成した3Dイメージ

続いて1877年4月7日に、デッドウッドのアヘン取引を支配していたアル・スウェレンジン英語版が、ジェム・シアター英語版を開店した。このサルーンは、1879年の火事で焼失、再建されたが、1899年に再び焼失し、スウェレンジンが街を去る原因になった。

街はワイルド・ビル・ヒコックの殺害で悪名を得た。マウント・モリアー墓地英語版には、ヒコック、カラミティ・ジェーンのほか、セス・ブロック英語版のように少し知名度は劣る者らも眠っている。デッドウッドは殺人が日常茶飯事ながら、殺人に対する処罰は常に公平ではなく、野蛮さと無法で知られるようになった。ヒコック殺害犯のジャック・マッコール英語版は、合衆国憲法で二重処罰英語版が禁止されているにも関わらず2度訴追された。というのも、デッドウッドはインディアン居留地にある違法の街であり、マッコールを訴追したり無罪にする権限が無いと裁定されたからであった。この裁定によりマッコールの裁判はダコタ準州裁判所(インディアン裁判所)に移され、そこでマッコールは殺人罪で有罪となり、絞首刑となった。

経済がゴールドラッシュから安定的な採掘に移行すると、デッドウッドは荒っぽい雰囲気を失い、繁栄した街になった。1876年、天然痘が流行し、大勢が感染したため、患者を隔離するテントが建てられた。

1876年のリトルビッグホーンの戦いの後、ジョージ・クルックはデッドウッドまでスー族を追撃し、ホースミート・マーチ英語版と呼ばれる遠征を行った。1877年には、リード英語版の近くにホームステーキ鉱山英語版が開山した。同鉱山は合衆国で最も長く採掘された金鉱であり、2002年に金の採掘を終了した後、鉱山を観光客向けに公開している。

1879年9月26日に大火が発生、300軒以上の建物と多数の住民の財産を焼き尽くし、デットウッドは壊滅状態になった。財産を失った者の多くが、初期のデッドウッドを特徴づけていた、未採掘の豊かな鉱脈の可能性のない土地で再出発するために、街を去った。

1888年、デッドウッドの住民のJ.K.P.ミラーは仲間と、彼らがブラックヒルズに持つ採掘場所との輸送のため、狭軌のデッドウッドセントラル鉄道英語版を開業した。同鉄道は、1893年にシカゴ・バーリントン・アンド・クインシー鉄道に買収された。1902年にデッドウッドとリード間がインターアーバンとして電化され、1924年まで運行された。同鉄道は1930年に廃止され、キルク(Kirk)とファンテイル・ジャンクション(Fantail Junction)の区間は標準軌に改軌された。この残った区間も跡を継いだバーリントン・ノーザン鉄道により、1984年に廃止された[4]

初期の住民と頻繁に街を訪れた人物には、アル・スウェレンジン英語版E.B.ファーナム英語版チャーリー・アター英語版ソル・スター英語版マーサ・ブロック英語版A.W.メリック英語版サミュエル・フィールズ英語版カラミティ・ジェーンヴァレンタイン・マギリカディ英語版ヘンリー・ウェストン・スミス英語版アーロン・ダン英語版ワイルド・ビル・ヒコックらがいる。

20世紀および21世紀[編集]

1959年9月にも大火が発生し、街は壊滅寸前になった。約4,500エーカーが焼失し、避難勧告指示が出された。約3,600人のボランティア、消防士ホームステーキ鉱山英語版の従業員、エルスワース空軍基地英語版サウスダコタ州兵英語版第109工兵大隊の兵士らにより鎮火したが、地域経済は大きく悪化した[5][6]

1961年に街全体がアメリカ合衆国国定歴史建造物地区に指定された。しかし街は続く20年間にさらに衰退し、財政が悪化した[7]。1964年には州間高速道路90号線が開通、売春宿は1980年の警察の手入れの後、店じまいした[7]。1987年12月の火事により、歴史のあるシンジケート・ビルディングと近隣の建物が焼失した[7]。この火事は、中心街を復興する手段としてギャンブルを導入する「デッドウッド実験(Deadwood Experiment)」を後押しした[7][8]。当時、ギャンブルが合法だったのは、ネバダ州アトランティックシティだけであった[9]。デッドウッドは、歴史的街並みを維持する目的で合法のギャンブル収益を手に入れた合衆国で最初の小集落となった[9]。1989年にデッドウッドでのギャンブルが合法化され、たちまち著しい新たな収益と開発をもたらした[10]が、開発の圧力は歴史地区の統一感に影響を与える可能性もある[10]

チャイナタウン[編集]

中国系移民もゴールドラッシュに惹きつけられ、ピークには250人が住んでいた[11]。採掘に関わったのは少数で、多くはサービス業で働いた。ダコタ準州には外国人の所有制限が無く、かつ外国人にとても寛容だったことから、メインストリートにチャイナタウンができた。1876年にデッドウッドに来たワン・フィー・リー(Wong Fee Lee)は、街一番の商人になり、1921年に死ぬまで中国系アメリカ人のリーダーであった[12]

チャイナタウンにはアフリカ系やヨーロッパ系の住民もいた[13]。2000年代には州の支援で発掘調査が行われている[14]

地理[編集]

デッドウッドは、北緯44度22分36秒 西経103度43分45秒 / 北緯44.37667度 西経103.72917度 / 44.37667; -103.72917[15]に位置する。

全てが陸地であり、アメリカ合衆国統計局によると、総面積は3.83平方マイル (9.92 km2)である[16]

デッドウッドのZIPコードは57732、FIPSコードは15700である。

観光[編集]

ハイキング、マウンテンバイク、乗馬トレッキングのコースが多数ある。ジョージ・S・ミケルソン・トレイル英語版は、北端のデッドウッドからブラックヒルズを越えてエッジモントまで南へ伸びている。シェリダン湖英語版などの人造湖では、釣りや水泳が楽しめる。北方のスペアフィッシュ・キャニオン英語版にはロッククライミングのポイントが多数ある。6月初めには、ミケルソン・トレイル・マラソンと子供のための同伴レースが行われている。

冬には、近隣のリード英語版郊外に、テリーピーク英語版ディア・マウンテン英語版の2ヶ所のスキー場が開く。

デッドウッドにあるミッドナイトスターカジノは、大部分をサウスダコタ州で撮影し、第63回アカデミー賞作品賞を受賞した『ダンス・ウィズ・ウルブズ』の監督・主演を務めたアメリカの映画俳優、ケビン・コスナーがオーナーである。その壁には、彼の映画ポスターの各国ヴァージョンが飾られている。

気候[編集]

デッドウッドの気候は、サウスダコタ州の他地域や周辺部とかなり異なる。州の大半が年間降水量15インチ未満であるのに対し、リード・デッドウッド地域の年間降水量は30インチ近くに達する。雪は早ければ9月、遅ければ5月まで降る可能性があり、降水のほとんどは冬季の雪によるものである。春は短く、湿った猛吹雪や連日の雨が特徴である。

デッドウッドの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F (°C) 65
(18)
67
(19)
74
(23)
91
(33)
94
(34)
101
(38)
103
(39)
103
(39)
101
(38)
86
(30)
75
(24)
64
(18)
103
(39)
平均最高気温 °F (°C) 33
(1)
37
(3)
44
(7)
53
(12)
64
(18)
74
(23)
81
(27)
80
(27)
70
(21)
57
(14)
42
(6)
35
(2)
55.8
(13.4)
平均最低気温 °F (°C) 11
(−12)
15
(−9)
21
(−6)
29
(−2)
39
(4)
48
(9)
54
(12)
52
(11)
42
(6)
32
(0)
21
(−6)
13
(−11)
31.4
(−0.3)
最低気温記録 °F (°C) −28
(−33)
−29
(−34)
−18
(−28)
−4
(−20)
4
(−16)
23
(−5)
32
(0)
34
(1)
17
(−8)
−7
(−22)
−19
(−28)
−30
(−34)
−30
(−34)
降水量 inch (mm) 1.30
(33)
1.19
(30.2)
2.36
(59.9)
3.62
(91.9)
4.51
(114.6)
3.95
(100.3)
2.69
(68.3)
2.03
(51.6)
1.79
(45.5)
2.18
(55.4)
1.42
(36.1)
1.39
(35.3)
28.43
(722.1)
出典 1: サウスダコタ州立大学英語版[17]
出典 2: アメリカ海洋大気庁[18]

人口統計[編集]

人口推移
人口
18803,777
18902,366−37.4%
19003,40844.0%
19103,6537.2%
19202,403−34.2%
19302,5596.5%
19404,10060.2%
19503,288−19.8%
19603,045−7.4%
19702,409−20.9%
19802,035−15.5%
19901,830−10.1%
20001,380−24.6%
20101,270−8.0%
2013(推計)1,2881.4%
国勢調査[19]
2013年推計[20]

2000年国勢調査[編集]

2000年国勢調査結果は以下の通り[21]

基礎データ

  • 人口: 1,380 人
  • 世帯数: 669 世帯
  • 家族数: 341 家族
  • 人口密度: 141.0 人/km2(365.4 人/mi2
  • 住居数: 817 軒
  • 住居密度: 83.5 軒/km2(216.3 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 19.3%
  • 18-24歳: 8.7%
  • 25-44歳: 27.3%
  • 45-64歳: 27.8%
  • 65歳以上: 16.8%
  • 年齢の中央値: 42歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 93.8
    • 18歳以上: 92.6

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 20.5%
  • 結婚・同居している夫婦: 37.7%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 10.9%
  • 非家族世帯: 48.9%
  • 単身世帯: 40.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 14.6%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.01人
    • 家族: 2.71人

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 28,641米ドル
    • 家族: 37,132米ドル
    • 性別
      • 男性: 28,920米ドル
      • 女性: 18,807米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,673米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 10.8%
    • 対家族数: 6.9%
    • 18歳未満: 19.4%
    • 65歳以上: 8.3%

2010年国勢調査[編集]

2010年国勢調査結果は以下の通り[21]

基礎データ

  • 人口: 1,270 人
  • 世帯数: 661 世帯
  • 家族数: 302 家族
  • 人口密度: 128.0 人/km2(331.6 人/mi2
  • 住居数: 803 軒
  • 住居密度: 81.0 軒/km2(209.7 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 15%
  • 18-24歳: 5.9%
  • 25-44歳: 23.3%
  • 45-64歳: 37.9%
  • 65歳以上: 17.8%
  • 年齢の中央値: 48歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 110.5

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 17.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 33.4%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 7.4%
  • 非家族世帯: 54.3%
  • 単身世帯: 44.6%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.7%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 1.88人
    • 家族: 2.60人

デッドウッドが登場する作品[編集]

著名人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mayor of the city of Deadwood”. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ Ullrich, Jan F. (2014). New Lakota Dictionary (2nd ed.). Bloomington, IN: Lakota Language Consortium. ISBN 978-0-9761082-9-0. http://www.lakotadictionary.org/nldo.php. 
  3. ^ Deadwood Chamber of Commerce
  4. ^ Hilton, George W. (1990). American Narrow Gauge Railroads. Stanford, California: Stanford University Press. ISBN 0-8047-2369-9.
  5. ^ Historic Wildfire in the Black Hills – Deadwood 1959”. National Fire Protection Association. 2008年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月26日閲覧。
  6. ^ National Guard engineers end 77 years in Sturgis”. Rapid City Journal (2007年8月16日). 2014年8月21日閲覧。
  7. ^ a b c d Deadwood gambling spurred change, but the town's evolution continues”. Rapid City Journal (2009年11月1日). 2009年11月18日閲覧。
  8. ^ Perret, Geoffrey. ""The Town That Took a Chance Archived 2009年10月4日, at the Wayback Machine." American Heritage, April/May 2005.
  9. ^ a b Deadwood, South Dakota – Gambling, Historic Preservation, and Economic Revitalization”. USDA. 2010年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月18日閲覧。
  10. ^ a b National Historic Landmarks Program: Deadwood Historic District”. National Park Service. 2008年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月10日閲覧。
  11. ^ Chinese”. City of Deadwood. 2010年11月15日閲覧。
  12. ^ Edith C. Wong et al., "Deadwood's Pioneer Merchant," South Dakota History (2009) 39#4 pp 283–335
  13. ^ David J. Wishart (2004). Encyclopedia of the Great Plains. ネブラスカ大学リンカーン校 Press. pp. 140, 141. ISBN 978-0-8032-4787-1. http://books.google.com/books?id=rtRFyFO4hpEC&pg=PA165&dq=Chinatown+deadwood#v=onepage&q=Chinatown&f=false. 
  14. ^ Where East Met (Wild) West”. Smithsonian (magazine). 2010年11月13日閲覧。
  15. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990”. United States Census Bureau (2011年2月12日). 2011年4月23日閲覧。
  16. ^ US Gazetteer files 2010”. United States Census Bureau. 2012年6月21日閲覧。
  17. ^ Precipitation Normals 1971–2000” (2012年4月). 2012年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月13日閲覧。
  18. ^ Climatography of the U.S. Deadwood 1971–2000” (2012年4月). 2012年4月13日閲覧。
  19. ^ United States Census Bureau. “Census of Population and Housing”. 2014年10月4日閲覧。
  20. ^ Population Estimates”. United States Census Bureau. 2014年10月4日閲覧。
  21. ^ a b American FactFinder”. United States Census Bureau. 2012年6月21日閲覧。
  22. ^ Granger, Edward Packard ; illustrated by Paul (1978). Deadwood City. Toronto: Bantam. ISBN 0-553-13994-0. http://www.amazon.com/Deadwood-City-Choose-Your-Adventure/dp/0553139940. 

外部リンク[編集]