トール油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トール油(トールゆ、tall oil)は、材を原料にクラフトパルプを作る時に副成する、樹脂脂肪酸を主成分とする油である。外観は、暗褐色の稠密液。

概要[編集]

クラフト法製紙工場では木材チップを、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)などの薬品を加えて煮溶かし(蒸解)、木材繊維(パルプ)を取り出す。その木材繊維を固めていたリグニン・樹脂成分と薬品が混じった液体を濃縮したものを黒液と呼ぶ。 マツ類に含まれる樹脂酸、脂肪酸類はナトリウム石けんとなって黒液中に溶出しており、濃縮過程で塩析されクリーム状の浮遊物(スキミングス)が得られる。このスキミングスを酸で分解し、遊離した油を粗トール油と呼ぶ[1]

粗トール油は蒸留塔を用いて蒸留することにより、トールロジン(トール油ロジン)とトール脂肪酸が精製され、それぞれ工業的に利用される。他に、ヘッドと呼ばれる揮発成分と、黒いピッチが副成する。トールロジンはアビエチン酸などの炭素数20のジテルペノイド化合物を主成分とする。トール脂肪酸はオレイン酸リノール酸を主成分とする。

成分比は、スラッシュマツヨーロッパアカマツバビショウなど、使用する松の種類によって異なる。

産地[編集]

主にアメリカ合衆国カナダロシア中国などの製紙工場で産する。日本にも主に北米から輸入され、日本でトールロジンに精製されている。

脚注[編集]

  1. ^ 本田収「トール油」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p685 日本林業技術協会 1984年(昭和59年)発行

関連項目[編集]