トーマス・マン (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トーマス・マン
Thomas Mann
生年月日 (1991-09-27) 1991年9月27日(27歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オレゴン州ポートランド

トーマス・マン(Thomas Mann、1991年9月27日 - )は、米国俳優

経歴[編集]

米国オレゴン州ポートランドドイツ系の家庭に誕生し、テキサス州ダラスで育つ[1]。17歳の時に俳優になることを志し、カリフォルニア州に移る。

2009年にニコロデオンの『アイ・カーリー』やABCの『ザ・ミドル 中流家族のフツーの幸せ』などといった2作のシットコムテレビシリーズに登場する。2010年に公開の映画『なんだかおかしな物語』で映画役者デビューし、以降、映画出演が中心となる。

大々的な誕生日パーティーを計画することから始まる2012年に公開の映画『プロジェクト X』で主役トーマスを演じたことからよく知られるようになる。同作は低予算でありながらも口コミで北米の若者を中心に人気を獲得、大きくヒットを飛ばした[2][3]

その他重要な映画出演作に『そんなガキなら捨てちゃえば?』、『ぼくとアールと彼女のさよなら』、『ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者』、『ヘンゼル & グレーテル』、『ベアリー・リーサル』等がある。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]