トンクル (楽器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1920年代サハリンにおいて

トンクル(Tuŋkuř)はニヴフの所有する弦楽器の名称。日本での俗称は「蝦夷胡弓」[1]

呼称[編集]

古くから中国大陸の胡琴の模倣楽器として知られ、アイヌの五弦琴である「トンコリ」は「トンクル」とも発音され、混同されていたようだ[2]。樺太アイヌ、オロッコが所有するトンクルの模倣楽器は「ウマ・トンコリ」という。

構造[編集]

胴の形状は中国大陸の胡琴とおなじく円筒形であり、筒の横から棹を貫き、弦は一本のみ、それを棹の両端から張る。弦は馬尾の毛を用いる。一方、弓に張る弦も馬の毛を用いる。胴は竹筒に紙などを貼ったのもあるが、ブリキの空き缶の蓋を取り去ったものを使う場合もあった[3]。音はきわめて細く弱い。

脚注[編集]

  1. ^ 谷本一之 『アイヌの五弦琴(北方文化研究 第13輯より)』 北海道大学、1958年、244p。
  2. ^ 谷本一之 『アイヌの五弦琴(北方文化研究 第13輯より)』 北海道大学、1958年、246p。
  3. ^ 田辺尚雄 『島国の歌と踊り』 磯部甲陽堂、1927年、129p。