トロイエンブリーツェンの虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トロイエンブリーツェンの虐殺は、第二次世界大戦末期の1945年4月から5月にかけてソ連軍がドイツブランデンブルク州トロイエンブリーツェンドイツ語版村で行った民間人虐殺事件である[1]

事件の概要[編集]

1945年4月11日ソ連軍第13軍が同地に到着したが、すぐにヴィッテンベルク方面へ進軍した。4月21日第1ウクライナ戦線が占領し[2]、戦勝祝いとして大宴会を開き、ドイツ人婦女を拉致した[3]4月22日、ソ連軍司令部に対して決死隊が攻撃し、フョードル・シャルチンスキー (Fedor Schartschinski) 中佐が射殺される[1]

4月23日朝、国家労働奉仕団ヒトラーユーゲントによって増強されたドイツ国防軍第12軍、特にトロイエンブリーツェンの第215歩兵連隊が制圧する[4]

4月23日午後から夕方にかけて赤軍が反撃し再占領するが、この際にドイツ人の市民が多数虐殺されたとみられている[3]。さらに4月23日以降も虐殺は続き、被害者は森の側へ選ばれ、女性と子供以外の男性は並ばされ射殺された[2][5][6]。地域の登記所では254人の死者数が記録されているが、目撃者によれば800人以上の住民と難民が虐殺され、少なくとも721人の遺体数があったという[7]。現在では約1000人が犠牲になったとみられている[1][8][7]。遺体は戦争が終結するまで牧草地に放置され、その後、6つの集団墓地に重ねられて、公式の記録では少なくとも125の遺体があった[9]

戦後[編集]

虐殺の被害者のための慰霊施設はゲーテ通りにある。

ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)では爆撃による被害者としてみなされ、虐殺についての究明は行われてこなかった[10]。旧ドイツ社会主義統一党は公式には被害者数を88人と発表していた[3]

1995年に、被害者の慰霊のための記念日が設置され、ロシアとイタリア大使館も参列している[1][11]

2008年のポツダム検察庁の調査では数は不明だが、虐殺が行われたことは確実で、研究のための会議を設置するとした[12][13]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ディー・ヴェルト: Massaker in Treuenbrietzen – das Tabu ist gebrochen vom 29. November 2008.
  2. ^ a b デア・シュピーゲル:Späte Bemühungen,2008,Nr1,Seiten31
  3. ^ a b c ベルリーナー・ツァイトゥングドイツ語版: Der Obelisk wankt vom 8. Mai 1998.
  4. ^ ディー・ターゲスツァイトゥング: Ludwigsburgs letzte Mordpuzzles vom 17. Mai 2005.
  5. ^ Der Tagesspiegel: Stadt ohne Männer vom 21. Juni 2006.
  6. ^ Mitteldeutsche Zeitung: Rätsel um zwei Massaker vom 2. Januar 2009.
  7. ^ a b ベルリーナー・ツァイトゥング: Das Massaker von Treuenbrietzen vom 25. November 2008.
  8. ^ ベルリーナー・モルゲンポストドイツ語版: Justiz ermittelt wegen Massaker von 1945 vom 25. November 2008.
  9. ^ Regina Scheer: Der Umgang mit den Denkmälern. Eine Recherche in Brandenburg. Brandenburgische Landeszentrale für politische Bildung/Ministerium für Wissenschaft, Forschung und Kultur des Landes Brandenburg. Der Umgang mit den Denkmälern, S. 90 (PDF-Datei; 1,54 MB)
  10. ^ ポツダマー・ノイエステ・ナーハリヒテンドイツ語版: Ermittler prüfen Massaker Erschoss Rote Armee in Treuenbrietzen Hunderte? vom 24. November 2008.
  11. ^ ノイエス・ドイチュラント: Die Lebenden und die Toten von Treuenbrietzen vom 8. Januar 2009.
  12. ^ Staatsanwaltschaft ermittelt gegen sowjetische Soldaten. In: Junge Freiheit. 24. November 2008. Abgerufen am 8. September 2011.
  13. ^ Staatsanwaltschaft erhofft sich Informationen aus russischen Archiven zur Erschießung Hunderter Zivilisten im April 1945 in Treuenbrietzen. In: Märkische Allgemeine. 27. November 2008. Abgerufen am 8. September 2011.

関連項目[編集]