トム・オブライエン (外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トム・オブライエン
Tom O'Brien
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州アレゲニー郡ヴェローナ(en:Verona, Pennsylvania[1]
生年月日 1873年2月20日[1]
没年月日 (1901-02-03) 1901年2月3日(27歳没)[1]
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
ポジション 外野手内野手[1]
初出場 MLB / 1897年5月10日[1][2]
最終出場 MLB / 1900年9月15日[1][3]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トム・オブライエンThomas J. (Tom) O'Brien1873年2月20日 - 1901年2月3日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州アレゲニー郡ヴェローナ出身のプロ野球選手外野手内野手)である。

メジャーリーグでは3チームに4年間在籍し、投手と捕手以外の全ポジションをこなすユーティリティープレイヤーとして活躍した[1]。オブライエンは現役中の1901年2月に急死した[1][4]

経歴[編集]

ペンシルベニア州ヴェローナ生まれ[1]。利き腕などは不明[1]。1897年にボルチモア・オリオールズに入団し、投手と捕手以外の全ポジションをこなすユーティリティープレイヤーとして活躍した[注釈 1][1][2]。1898年6月3日にピッツバーグ・パイレーツに移籍したが、1899年4月13日にニューヨーク・ジャイアンツと契約した[1]

1899年は、オブライエンが現役生活で最高成績を上げた年だった。この年は150試合に出場し、打率.297、6本塁打、77打点、100得点という成績であった[1]。1899年10月にピッツバーグ・パイレーツに復帰したが、結局1900年がオブライエンの現役最後の年となった[1][3]

1901年2月、キューバへの船旅中にオブライエンは船酔いの症状を訴え、その治療のために勧められて大量の海水を飲んだ[4]。しかし、海水によって内臓は回復不能なまでに損傷し、アリゾナ州フェニックスで2月3日に死亡した[1][4]。彼はピッツバーグのセント・メアリー墓地に埋葬された[1]。メジャーリーグでの通算成績は、428試合に出場して打率.278、10本塁打、229打点、278得点、55盗塁であった[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 本記事中のボルチモア・オリオールズは1882年から1899年にかけてアメリカン・アソシエーションナショナルリーグに加盟していた野球チームで、現存の同名チームとは関係はない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Tom O'Brien”. Baseball-Reference.com. 2014年12月23日閲覧。 (英語)
  2. ^ a b 1897 Major League Baseball New Debuts”. Baseball-Reference.com. 2014年12月23日閲覧。 (英語)
  3. ^ a b 1900 Major League Baseball Retirements”. Baseball-Reference.com. 2014年12月23日閲覧。 (英語)
  4. ^ a b c David Nemec, Scott Flatow. “This Day in Baseball: A Day-By-Day Record of the Events That Shaped the Game”. Taylor Pub. 2014年12月23日閲覧。 (英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]