トマス・サウスウェル (第2代サウスウェル男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第2代サウスウェル男爵トマス・サウスウェル英語: Thomas Southwell, 2nd Baron Southwell PC (Ire) FRS1698年1月7日1766年11月19日/11月20日)は、アイルランド王国の政治家、貴族。

生涯[編集]

初代サウスウェル男爵トマス・サウスウェルとメリオーラ・コニングスビー(Meliora Coningsby、1736年2月没、初代コニングスビー伯爵トマス・コニングスビーの娘)の長男として、1698年1月7日に生まれた[1]

1717年から1721年までリメリック・カウンティ選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務めた。1720年8月4日に父が死去すると、サウスウェル男爵の爵位を継承、1721年9月23日にアイルランド貴族院議員に就任した[1]

1726年にジョージ1世よりアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命され、翌年にジョージ2世が即位したときも再任した[1]

1735年3月13日、王立協会フェローに選出された[2]

1743年、アイルランド・グランドロッジのグランドマスター英語版を務めた[3]

1766年11月19日/20日にチャリング・クロスで死去、息子トマス・ジョージ英語版が爵位を継承した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (in English). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 200–201.
  2. ^ "Southwell; Thomas (1698 - 1766); 2nd Baron Southwell" (in English). Royal Society. Retrieved 26 October 2019.
  3. ^ The Constitutions of Freemasonry (in English). Dublin: The Grand Lodge of Ireland英語版. 1858. p. 186.
アイルランド議会
先代:
サー・トマス・サウスウェル準男爵
ロバート・オリヴァー
庶民院議員(リメリック・カウンティ選挙区英語版選出)
1717年 – 1720年
同職:ロバート・オリヴァー
次代:
エア・エヴァンス
ロバート・オリヴァー
フリーメイソン
先代:
ムーア男爵
アイルランド・グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1743年
次代:
アレン子爵
アイルランドの爵位
先代:
トマス・サウスウェル
サウスウェル男爵
1720年 – 1766年
次代:
トマス・ジョージ・サウスウェル英語版